スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beautiful World へ⑦

みなさま毎日暑い日々をお過ごしかと思います。

でもどうして!?

ワタクシの住む地域一昨日の夜ものっすごい寒かった!!

網戸のまま扇風機を回したらば半袖半ズボンじゃいられないほどに寒かった!!

窓を閉め切って扇風機はスイッチを切り、極力動くのを避けておりました。

夜でも30度を超える本州がコワイ・・・。

寒くて雪が降る冬のでっかいどうは大キライですが、夏は割と涼しいので夏の方がスキです♪

どうも!youriです。

遅くなりましたがBeautiful World コンサート in 札幌(2日目)の感想ラストでございます。

『遠くまで』で嵐さんが去った後、嵐コールで会場の熱は冷めやらず!

そして数分後・・・

★アンコール

34.Love so sweet

イントロでテンションダダ上がり!!

嵐さんがメインステからツアーTシャツを着てご登場。

ネイビーって本当に素敵な色♪

翔くんやっぱりめちゃくちゃ似合ってる!!

サッカー日本代表に見えるのはワタクシだけ!?

松「ラァブソゥスウィー!」

翔「ラァブソゥスウィー♪」

松「どうもありがとう~~!!」

翔くんとニノと相葉ちゃんがめちゃくちゃノリまくりで踊っていてキュ~トでしたわぁ~♪

やっぱりこの曲はこの3名様がやっちゃってます。

間奏ではやっぱりアラレちゃんばりの「キーーーン♪」な飛行機パフォーマンスあり!

サビの踊りはありませんでしたが、「明けない夜はないよ」も手をブンブンする3名様にこちらも負けじとブンブンブン!!

大野くんの最後のフェイクでだったかしら?

翔くんがまた飛行機しておりまして、今度はおひとり様で。

しかもピョンピョン跳ねるわ礼するわ。

35.a Day in Our Life

やっさいもっさ~~~い!!

ここで来たか~~~!!

待ってた~~~!!

もう終盤だったのでいっそ忘れてたってのは置いといて(!!

ツアー本編では引っ込めておいて、アンコールでハジけよう!って寸法だったのかしら?

今年もこの曲が生で聞けて感謝カンゲキ雨嵐っす。

もう木更津に行きたくてどうしようもない夏を過ごしております。

今日はやっさいもっさい祭りですよね!?

ワタクシは毎年8月14日だと記憶しているのですが、間違っていたらピーナッツ県のみなさんごめんなさい(フザけてませんよ

ラップする翔くん。

この曲、ワタクシにはどうしても歌ってる櫻井翔くんがバンビに見えてどうしようもないのです。

たとえ木更津キャッツアイが5年も前に終わっていたとしても、この曲がワタクシの嵐さんをスキになる原点のような特別な曲ですし。

単純にラップしてる翔くんの声がスキでスキでしょうがないんですよね。

バンビをスキじゃなかったら翔くんをスキになることもなかったですから。

それくらい・・・バンビにも翔くんにも惚れているんだと(照

ここでまたさっきの3名様がえらいカワゆいのです。

等間隔に距離を保ち、右手を腰に当て、まるでマーチングしているかのように歩いてるもんだから行進しているかのように見えるんですの♪

そして松づんは大野くんと手をギュッとつないで・・・「きっとまた巡り合うSunday~!!」の序盤で一番盛り上がるところで大野くんの手を噛む松づん。

・・・食べたいくらいにスキだと解釈してもよろしいのでしょうか?

ンフフ♪

この曲では二手にわかれてフロートカーでスタンドを1周。

向かって左側から攻めてきたのは相葉ちゃん・翔くん・ニノの3名様。

右側は大野くん・松づん。

久しぶりに近くに来てくれたワタクシにとっての黄金トリオに、むぎゃ~~~っ!!!

翔くんがもう・・・もう・・・コノヤロ~~ッ!!

マキシマムカッコイィィィィィ!!!!

今世紀最大の別嬪さんが目の前を通過しとる!!

なんでアタイあの人と同じ空気吸って生きてんの!?

同じ人間なん!?

大間のマグロ!!

ちょっとスタッフさん!

あの人絶対照明なくても輝きまくってるからこれ以上光を当てんといて!!

眩しいったらありゃしない・・・クラッとする・・・。

上のほ~!に向かって手を大きく振る翔くんに胸のときめきはノンストップっす。

今年は間近でこの曲を歌ってるバンビ・・・

って間違えたし!

翔くんを見ることができて幸せでございやした・・・♪

今回もうちわを見てもらって、やっさいもっさいを踊ってもらうという夢は叶いませんでしたけれど・・・。

通り過ぎていく翔くんを見ていて、ふと思ったことが。

Tシャツの丈、ちょっと短くな~い?

明らかにツアーロゴと裾までの幅が短いんですよ。

逆に隣の相葉ちゃんのTシャツに目をやるとやっぱり翔くんよりその幅が長いんですよ。

切った?折った?内側にめくれちゃった?

なんにしろ翔くんのお腹がチラッと見えてワタクシは非常に笑顔でしたよ(ニヤニヤ

だから、相葉ちゃんとニノの記憶がまったくないんですね。

youri納得!&ジャンピング土下座!

お決まりの翔くんによる煽り、「あらっし!あらっし!もっとあらっし!もっとあらっし!もっとあらっし!」の後、「札幌!!」って♪

36.Summer Splash!

イントロにて。

松「いやぁ~、夏だねぇ~~!!」

翔「夏だ夏だ夏だ夏だ夏だ!」

翔くんは去年よりもひときわ多めに「夏だ夏だ夏だ!」と言いまくっていてカワゆかったです。

「シャイボーイたちが舞いそうさ 今年もやっぱり最高じゃ~ん!!」ってテンション高めに歌う翔くんにキュ~ン!!

大野くんと松づんが乗るフロートが近くに!

大野くんがひたすら笑顔笑顔でとっても幸せそうでした。

松づん、今年の会場限定ヘアゴムは身につけたりしないんですかね?

でも5箇所も髪結ったらとんでもないことになるか・・・(笑

カワゆいことに違いはないと思いますがね。

翔「みなさんご一緒に~!サマ~~スプラ~~ッシュ!!」

これも健在♪

37.感謝カンゲキ雨嵐

はじめの大野くんソロ。

「スマイルアゲイン」と歌い上げながら突然の、突然のですよ!?

古畑任三郎のモノマネしてました(爆笑

ちょっと眉をひそめ、ちょっぴりしゃくれ気味に、人差し指を眉間にちょいと当てて、小さく人差し指の腹を上に向けてクイッとするあのモノマネです(笑

本当に一瞬でしたが、完全にあれは古畑さんでしたよ・・・。

よく特徴をつかんでました!

大サビではロゴ入りの白い小さな帯がアリーナを舞っておりました。

♪「ありがとう~」で客席に向かって礼をする翔くん。

「どうもありがとう~~!」って顔の正面で両手を合わせてお礼を言う翔くん。

これがものっすごい男前だったんですよね~。

マイクを左手に持っているので、右手のひらをマイク持ったまま左手の拳でパチンて当てる感じだったのです。

サッカーする翔くんも素敵ですが、空手なんかどう!?って思っちゃいましたよ。

そしてメインステに着き、ジャニーズジュニア紹介へ。

松「じゃ~ステージに集合!今日一緒に頑張ってくれたジャニーズジュニアに大きな拍手を!」

嵐「フゥッフ~~♪」

会場パチパチ。

ジャニーズジュニアハケる。

松「そして今日会場に集まってくれたみんな、どうもありがとう~~!」

嵐「ありがとう~!!」

そして手をつなぐ5名様。

松「OK最後に聞くぜ!おれらの名前はな~んだ?せ~の!!」

会場「嵐~~!!」

礼する嵐さん。

松「嵐でしたぁ!」

嵐「ありがとう~~!!」

ニノがやたら「バイバ~イ!」って言っていたのがなんだか切ない・・・。

ハケる時は向かって左からニノ・翔くん・相葉ちゃん・大野くん・松づん。

出入り口の扉が閉まる前、翔くんはピースして敬礼してました♪

アンコールが終わって、アナウンスが流れるドーム。

でも嵐コール再来。

そして割とすぐ嵐さん登場!!

ニノが白タオルを頭に巻いておりました。

松「お待たせ!」

まさにキラーンて効果音が出てきそうな好青年ボイスでコノヤロ~~ッ!ですよ。

松「どした?」

会場「キャー!!」

松「何?」

会場「キャー!!」

松「何だって?(←ちょっぴり「て?」がウィスパーボイスでエロい)」

会場「キャー!!」

松「どうしたんだよ?」

会場「キャー!!」

松「まだ帰りたくないのか?」

会場「キャー!!」

まるでファンの喉をつぶそうとしているかのような松づんからのドSな質問攻めにニヤけが止まらん・・・。

松づんもまたやり方がズルイけどそれに踊らされてしまう~。

松「ヘイ雅紀」

相「おお」

松「まだ帰りたくないって言うんだぜ?」

相「どうしようかな~?嵐さんがお仕置きしようかな!?」

会場「キャーーー!!!」

相「お仕置きされたいかい!?」

会場「キャーーー!!&イエーーーー!!」

「お仕置きされたいかい!?」って訊かれて「イエーー!」ってノリもどうかと思いますけどね!(爆笑

相「イエイ!!」

会場「イエーー!!」

相「智!お仕置きされたいらしいぜ」

翔「ははは♪」

相「したことある?してこようか?フフフ♪」

ニ「いやいやいやいや(汗)」

大「お前ひどいなぁ~」

相「フフフフフすいません♪でも楽しかったっすね」

大「あっという間でしたね!」

相「あっという間でしたね~」

嵐&会場「・・・・・・・」

笑いが・・・(笑

相「おいカズ!何ヘラヘラしてんだ!?」

ニ「いや2人が、仕切るのがすごい」

相「(食い気味に)絶妙だな!絶妙だな!って?」

ニ「トーク経験は知らないっすけど(笑)こんなこともあるんだなって」

相「そうか。2人でも進んで行けるつもりですよ」

ニ「相葉さん、声ガッサガサ言ってますね!」

相「・・・何?」

ニ「いやいや!何も変わってない!(笑)楽しかったですね」

相「楽しかったね!」

ニ「たくさん集まっていただいて」

翔「本当だね~」

ニ「ありがたかったな~」

翔「ありがとう!」

相「ありがとうございます!」

翔「楽しかったです!」

会場拍手。

翔「・・・またこうやって、楽しい思い出作りたいよね」(しんみり

ニ「集まってね」

翔「うん」

ニ「次・・・」

相「9月ですね(笑)」

翔「そうだね」

相「そうだね」

ニ「忘れないでね」

松「お前(相葉ちゃん)に言ってんだぞ」

ウケる!!

さすがJ♪

大「ずるいな~」

相「大好きだよ♪」

大「わかってるよ」

となぜか肩を組む大野くんと相葉ちゃん(笑

松「よし、じゃあ・・・最後に・・・最後に」

会場「えーーーーーっ!!!」

松「えぇ!?帰るの?」

会場「えーーっ!!」&「やだー!!」

松「やだやだって、やだしか言えないのかよ?」

会場「キャーーッ!!」

松「せっかく出てきたんでほんとに最後に1曲だけ」

会場「え~」

松「わかった!じゃあもう1曲もやらない!」

会場「え゛~~~~~~~!!!!!!!!!」

松「そんなにワガママ言う子たち見たの初めてだよ!」

こんなプンプンする松づんもカワゆいですのぉ~♪

楽しくてしょうがなさそうです。

ニ「ほらもう呆れちゃってるよ」

松「完全燃焼したいじゃん?」

ニ「そうだね。やってみようか?」

相「よし」

松「やる気出そうマジ」

そしてストレッチする相葉ちゃん。

それを見る会場と4名様。

松「おれがみんなに「準備できたか」っていくから、準備できたら相葉さん一発やったらやりましょう」

相「マジ?」

一発って何~~っ!?まさか~!?ひぇ~っ!って誰もが湧きあがりましたね~。

相「ほんとにおれ久々なんだけど」

ニ「こういう時の、嵐って絶対楽しくなるじゃないすか♪」

相「フフフフ(笑)」

松「相葉さん。確認ですけど、ささらないヤツで」

相「了解!おれあっち行く?」

松「前でやったってよくない?」

何やら本気を見せてくれるご様子でワクワクザワザワ。

この会話の間、翔くんはちょいと4名様から離れたところにいたんです。

またその佇まいが4名様を見守るお母さんのようで表情はとっても穏やかだったんですよね~♪

手を後ろに組んで口を挟むことも無く、ただ見つめているんです。

とってもほっこりしました。

松「・・・OKうちの相葉が本気出すぜ今から!」

会場「イエーーー!」

松「みんなはどうなんだ!?きみたちは!?」

会場「イエーーー!!」

松「本気出るのかぁ!?」

会場「イエーーー!!」

松「本気かぁ!?」

会場「イエーーー!!」

松「まだいけんだろ!?」

会場「イエーーー!!」

松「まだいけんだろ!?」

会場「イエーーー!!!」

松「準備はいいか!?」

会場「イエーーー!!!」

松「準備はいいか!?」

会場「イエーーー!!!」

松「準備はいいか!?」

会場「イエーーー!!!」

松「じゃあうちの雅紀の本気を見ろ!!GO!!」

相葉ちゃん花道ダッシュでバク転を2回も~~~!!(たぶん側転1回転からの2回転だったかと

カッコイイ~~~!!!

めちゃくちゃ綺麗なバク転でしたよ!

1ヶ月前入院してプラモデル作ってたとは思えないくらいの元気なバク転でございました。

相葉ちゃんがダッシュしてる間、大野くんが「ワァーーーー!!!」って叫んでたのが印象的でした(爆笑

そしてバク転が成功してすぐ・・・

★Wアンコール

38.五里霧中

相葉ちゃんのバク転に感動する暇もないというか、盛り上がりの頂点で始まりました。

大スキでとっても勢いのある曲で、最後に聴けて本当に楽しかったです。

頭の中すべて盛り上がる事しかなかったです。

また翔くんの男前超!なラップが胸躍る~~!!

マキシマムカッコイイ♪

早口で低音気味かつ、がなってる感じのラップがたまらんのです。

なんてイイ男なんでしょ♪

惚れないワケがないっす!

そして2番前の「本日ハ晴天ナリ 現実ハ雷 天国ハ御隣 ~」のところ、ガッツリずっと「本日ハ晴天ナリ」って歌っちゃってた人が数名!(「Kissサエモ御座ナリ」はみんな揃ってました

ものっすごいはっちゃけちゃって間違えてもしばらく気付かなかったのかなんなのか、ずっと「本日ハ晴天ナリ」だったのです♪

もういいよ・・・はっちゃければいいじゃん!(木更津キャッツアイ日本シリーズのモー子より

「乗るか」のところを「の~るかぁっ!」ってちょっとおちゃらけた感じに歌ってた大野くんがカワゆかったです♪

「勇気を~」の松づん、歌ではなく「はい札幌~!ハジケるぞ~!!カモン!!」って!

「オモイキリ」で翔くんがいつの間にかセンターステに。

「明日は明日」で腰をほぼ90度に折り曲げてヘッドバンキングよろしく頭を揺らしまくる翔くんに、むぎゃ~~っ!!

しゃかりき翔くんカッケェ~~!!

「この苦しみも サヨウナラ」

この歌詞に嫌なことすべて乗せて吐き出して笑顔で帰ってほしいとか、ただ単に盛り上がって楽しんでほしいとか、そんなふうに思ってこの曲がラストだったのかどうかはわかりませんが・・・。

ワタクシはとても楽しくてうれしかったです。

うれしい、うれしい、うれC!C!!です!!

松「どうもありがとう!また遊ぼうぜ!」

嵐「バイバイ!ありがとう!!」

松「またね!また顔見せにきてね!」

しきりにバイバイやありがとうと言い続け、今度は向かって左から、相葉ちゃん・松づん・ニノ・大野くん・翔くんの並びで立つ5名様。

なんと翔くんを筆頭にラッパーのように腕をだいぶ上の方で組み、下唇をクイッと上げてるポーズで扉が閉まり、サ~ヨ~ウ~ナ~ラ~~~~。

なんでーーーーっ!?(爆笑

これにて札幌は終了。

ワタクシの夏も終了いたしました。

今年のコンサートについては、3.11のことがあって、コンサートが行われないかもしれないという気持ちから始まった気がいたします。

いつものように「今年はどんなコンサートになるのかしら!?」なんてワクワクするところからではなかったのです。

もちろん、当選メールが来るまでは。

今年はワクワク学校にも行けて、コンサートにも行くことができました。

ワタクシはいつものように変わらない日々を過ごしております。

ただ、現時点で相葉ちゃんのように病み上がりでも本気を出してバク転をするほど、仕事で自分の本気を出せていません。

生ぬるく、中途半端なまま。

相葉ちゃんすごいなって、嵐さんカッコイイなってつくづく思いました。

やっぱり本気で生きている人って輝いてるんですね。

嵐さんとこの日過ごせたことは紛れもない事実であり、幸せな時間でございました。

その時間をただ楽しかったで終わらせるのではなくて、この時間のために他の何倍もの時間を頑張って生きてる!って思えるようなBeautifulな日々を過ごせるように・・・その日々の先がBeautiful Worldになるようにやっていかなきゃな、と思いました。

やっぱり今のワタクシの原動力は嵐さんなもんで・・・。

嵐さん、今年もツアーをしてくれてありがとうです。

次の国立でも・・・はっちゃければいいじゃん!!(悦





スポンサーサイト

Beautiful World へ⑥

神様のカルテに関する雑誌フィーバー絶賛開催中!っということで。

今何が出てて何が発売予定なの!?

テレビは!?

も~~手帳にメモする気力すらありません・・・って普段してないんですけども。

でも必ず映画雑誌はチェケラしまっせ・・・!

ワタクシ『H』とか『cut』とか『ピクトアップ』とか大スキなんですの♪

大きさとか紙質とか、そのまま1冊残しておきたくなるんですよね~。

木更津の時もっとアンテナ張って買っておけばよかったのにぃ~!とちょこちょこ集めている次第です。

まったく話は違いますが、今嵐さん関連のドラマがものすごい日本各地で再放送されているようですね。

ワタクシがここ数年ず~っと願ってるのが『きみはペット』の再放送なんですけど!?

でっかいどうはいつこの願いを叶えてくれるのか!?

モモが見た~~い!!

甘えるモモが見た~~い!!

『Darling』が聴きた~~い!!

どうも!youriです。

Beautiful World in 札幌(2日目)感想続きです。

32.果てない空

バクステで歌う嵐さん。

はじめのニノ翔ユニゾンですが、当時は挨拶した直後だったものですから、てっきりスタンドの方を向いて歌うんだと思っていたのです。

そしたらなんとバックのアリーナにクルッと体を向けて歌ってくれているじゃ~ございませんか!

う、う、うれしい、うれしい、うれC!C!!

また「届かない星が瞬いて」の「瞬いて」の翔くんがハの字眉・・・。

「満たされるから追い掛けるだけ」の「満たされるから」の翔くんがハの字眉・・・。

くぅ~~っ!!

切ない上にカワゆいんだこのやろ~~っ!!

そしてサビで鳥肌がゾワワワッ!!

サビまでの盛り上げ方が壮大だと思うんですよね、この曲。

フリーターで何度泣かされたことか(SPドラマ放送おめでとうございます。ありがとうございます。

2番を歌っている間にセンターステへム-ビング。

メインモニターにめいいっぱい嵐さんがひとりひとり映ってるのをやっと、この時ちゃんと見た気がしました。

そして最後に松づんが口パクで「ありがとう」と。

なんて優しい表情のナイスガイ。

この曲だったと思ったんですけれど、嵐さんから応募されたいたみなさんの絵がモニターに映っていたかと(間違っていたらすみません!

33.遠くまで

ニ「どうもありがと~~!!!」

ニノの合図でツアーロゴ入り銀テープが宙を舞う・・・!!

むぎゃ~~~っ!!!

どういうこと!?

アタイのいるスタンドにも飛んできてる!!

頭の上を飛んでいる!!

こんな現象初体験だガンス!(怪物くんSP放送おめでとうございます。ありがとうございます。

手を伸ばすも後ろの人の手がすでに視界に入ってくるほどで、母と兄とワタクシ3人で3本という結果に。

青と、黄色と、紫。

見事にアイサクが不在・・・。

「まぁ~気にすんなよ!」ってルフィに言われたい・・・。

ってもう今は割り切ってますけどね(笑

曲のイントロはすでに始まっていましたが、本当にこの銀テープに夢中でろくに聴けていなかった~!!

嵐さんごめんなさ~い!!

でも楽しかったです(悦

そして気付けば始まっていたのは『遠くまで』。

・・・ってめちゃくちゃお気に入りな曲じゃないか~い!!

そしてここから今回のツアーでワタクシにとって一番のツボな嵐さんが見れたのです・・・。

向かって左端から、相葉ちゃん・翔くん・ニノ・松づん・大野くんなのです。

この並びをよく頭に入れてお読みくださいませませ。

◎「ちょっとした何気ない言葉が嬉しくて繋がる」

大野くんと松づんが肩を組んでおります。

まぁ~密着度がものすごいですから、大野くんが松づんの頭をポンポンと撫でだしたんですよ・・・。

むっきぃ~~!!

その画はおじいちゃんと孫!?

それとも彼氏と彼女!?

はたまた雪山で遭難した男女(in洞窟)!?

そらも~びっくらこきました。

ところで、チューはいつするんですか?お二人は。

って書かずともはじまってから大野くんと松づんが絡むたびにそう思ってきたんですけどね~。

結局無くって残念無念!(笑

去年の国立DVDの『a Day~』を最近よく見ているのはワタクシだけ!?

◎『躊躇しちゃ始まらない 君の声を聞かせて』

松づんとニノが肩を組んでからの抱擁です。

むっきぃ~~!

なんて確信犯なコンビ♪

そんな2人に悶えずにはいられないのです。

◎『全部ひとつひとつ きっと伝えきれない』

ニノと翔くんが向かい合ってミュージカル風に踊る踊る!

両腕を広げてルンタッタ♪

スイ~ンスイ~ンな感じでルンタッタ♪

誰にも邪魔できない空間がここに。

どうにもこうにもノリが完全に一致するこのカワい子ちゃんたちはワタクシの中のおちゃめコンビです。

至近距離でガン見したいぞこのやろ~っ!!

でもニノ翔にそのニヤけたヒドい面を見られてサーッと2人から笑顔が無くなるのが目に見えているので、もしできてもやめておこうっと。

◎『いつだって見つめ合えば わかり合えるはずさ』

翔くんと相葉ちゃんが見つめ合って見つめ合ってどんどん近づく~~っ!!

・・・でも何もしないという、なんとも(無意識の)小悪魔なアイサクでした。

マイクが邪魔なんだわきっと!

youri納得!(させるしかない!

それにしても、最大級にドキドキして目がおっぴろがったわ、まったく。

◎『引き合うように 響かせたい』

相葉ちゃんが大野くんに向かってエアー綱引きをするみたいに引いて行き、大野くんも引かれるごとに相葉ちゃんに近づいて最後は、ぎゅっと抱き合っちゃいました♪

なんてカワゆいんでしょ!!

何回抱き合ってるんだおみゃーら!!

とまぁ、歌詞にリンクしたような動きを向かって右から左へ流れるように端から端まで一周分やっていたんですよね~。

そして2番冒頭ではリズムに合わせて、にのあいがまるでコントのような動作のやりとりをかましておりました。

ここ札幌ドームのど真ん中でまさかの意味不明な動きに唖然(失礼

言葉に表現できず、メモにはヘッタクソな絵しか記されていないんですけど・・・?

歌詞にリンクしているとも言えなかったですし。

あの動きを誰か解説してくださる方募集中です。

その2人を置いといて、大野くんと翔くんと松づんは花道でメインステへ。

◎『小さくて大きな日常に 包まった奇跡』

むぎゃ~~っ!!

ぃやっさいもっさ~~~い!!!

嵐にしやがれを見てから行って本当に良かったと、心から思ったこのパート。

ここはもちろん翔くんが歌ったところですが。

その翔くんがモニターいっぱいに・・・いっぱいに・・・。

聖子ちゃ~~ん!!

カワゆいカワゆいカワゆ~~い!!

な~んど言ったと~しても♪ま~だ足りないくらい♪(『何度笑い合ってもまだ足りないくらい』から拝借)

本当にザ・カメラ目線であのミッツ・マングローブさんと徳光さんがアニキで登場した回のしやがれで翔くんが聖子ちゃんちっくに歌い上げてくれたんですよ♪

そらも~、べらぼうにキュ~トで本当にこやつは男か!?と。

股にアレが付いてるんか!?と(ド変態なんです

体を左右にゆっくり揺らしながらピタッと止めて、左右の肘を胸の前でくっつけていて、両手で包むようにマイクを持っていて、百万ドルの笑顔で歌うんですよ!?

これが踊らずにいられます!?

無理~~!!

やっさいもっさ~~い!!

そ~れそれぇ~!!そ~れそれぇ~!!

おっさおっさおっさ♪おっさおっさおっさ♪

でも先に進まないのでここら辺でやっさいもっさい踊りを終了したいと思います。

でも聖子ちゃんに集中し過ぎたのか、「日常に」を思いっきり音程はずしてた翔くんがまたカワゆ~い!!

間奏ではちょっと跳ねてる姿がカワゆかったです♪

◎『見渡す世界は素晴らしい~』

この辺りで大野くんと翔くんと相葉ちゃんは3人仲良く横に並び、まったく同じようにリズムに合わせて体を揺らしていたのがものっすごいキュ~トでした♪

まるで幼稚園児のようでたまらん・・・♪

◎『Ready steady go! Let's sing a song! ~』

問題はここですよ・・・!

あまりにもキュ~トで、カワゆらしい、愛くるしい、苦しい(あながち間違ってはおりませんよ)・・・。

そんな振りをしやがった5名様にワタクシ首ったけでございやす♪

もうそのカワゆさに、メロメロメロウで石化されて(←ワンピースネタですいません。わかる方だけわかっていただければ)でメモにすらできていないのですが、とっても脳裏に焼き付いているのがこれ。

このリズムに合わせて体を左右に揺らすというか、腰を揺らすというか、第一印象は「perfumeみたい・・・♪」。

「Ready steady」で体を揺らし、「go!」で右手を受話器のような形(ひみあらで長谷川潤さんに電話のような愛をささやいていた翔くんのように(笑))にして右耳に近づけるんです。

「Let's sing a song!」もそんな雰囲気で。

その「go!」の時の翔くんは、ぶっとい小首をちょっと傾げてるんですよ!!

むっきぃ~~!!

たまらんMAX!!

これを5名様でされまして・・・まぁ~、キュンキュン指数が銀河系に突っ込みましたね。

振り切った針が戻ってこないし!!

たったその振りだけでもう終盤なのにK.Oだし!

もう少し踏ん張れ自分!

ここでギブアップはできないんだ!

ネバーギブアップなんだ!

あと十数分耐えるんだyouri!!

「we are the one...」で、右手を開いて腕を上に~!

その曲で出口に向かい、ハケる前に両手をつなぐ5名様。

そして、

松「ほんとにどうもありがとう~~!!」

ニ「どうもありがとう~!」

相「どうもありがとう~!」

翔「どうもありがとうバイバ~イ!」

ニ「ありがとう~!」

大「バイバ~イ!」

相「バイバ~イ!」

松「ありがとう~!」

相「どうもありがとう~!」

と、ありがとうの嵐!

大野くんが「シーユー!」と叫んでいたような?

そしてハケた嵐さん。

その間、メインモニターには、ハガキの絵を貼っている5名様。

一人ずつ映ったりも。

その映像の翔くんの髪形がナチュラルで作りこんでない感じがよろしおます♪

その過程の後、またみなさんの絵だけがまとめてモニターにドドン!

ロゴがドドン!

ロゴが出たからといって、これで終わるわけではなく・・・ンフフ♪






アンコールに続く・・・。



Beautiful World へ⑤

ちょこっと追加で書いてなかったことを。

相葉ちゃんのソロについてですが、「ドライブいいな」のところ、まるで少女時代の『Mr.TAXI』ようにハンドルを持つ仕草をしていたのがカワゆかったです~♪

それだけなんですけど・・・また何かしらあったら書きます(笑

どうも!youriです。

Beautiful World コンサート in 札幌(2日目)の感想続きです。

28.Lφve Rainbow

イントロで、

松「ヘイさっぽろ~!ラストスパート楽しんでいこうぜ!アーユーレディ!?アーユーレディ!?行くぜ!!」

とな♪

大野くんと松づんは花道でセンターステへ。

メインステ左に相葉ちゃん、右にニノ、中央には翔くん。

ダンスは無しでお手振りオンリー。

この曲の嵐さんの5重奏を奏でる声がとってもとってもスキなんですよね~。

去年発売のシングルで1,2位を争うほどにスキなんです♪

やっぱりこの時も夏らしくって、虹色に輝いているキラキラした曲だわ・・・と。

そしてアウトロではニノ翔が向かい合って指揮者のまねっこしてるのがかなりカワゆかったです♪

ほんでもって大宮がむぎゅむぎゅと抱き合ってるんですよ!!

むぎゃ~~~!!

なんじゃあいつら!!

キュ~トすぎるにもほどがあるだろっ!!

そこに直れっ!!

くっそ~~!!

大宮SK復活希望・・・!(パタッ・・・

曲終わりに、

松「ヘイさっぽろ~!まだまだ行くぜ~~い!」

29.Trouble maker

松づんがフロートカーで来てくれまして、まぁ~近い!

対して向こうのフロートカーには大野くん。

そういえば今年のフロートカーにモニターがありませんでした。

やっぱり節電!です。

センターステには相葉ちゃん、左の通路にはニノ、右の通路には翔くん。

「最高級のスマ~イル」で松づんがピース♪

そしてみんなトロッコに乗ります。

曲途中で疑問がひとつ。

翔くんと大野くんの距離がありすぎる。

走ってもアレに間に合わない。

そう、アレとは・・・「輝きを秘めたハートビート」!

年長コンビの手作りラブラブハートは!?

無し!?

そんな~~!!

と思っていたら・・・!

なんとメインモニターを二分割してのエアハート♪

左側に翔くん、右側に大野くんの顔が映って、自分のハート半分を合体させておりました♪

なんって律儀な夫婦。

どんだけスキなんだ!!

ほんでもってアタイもどんだけ楽しみにしてるんだ!!

むっきぃ~~~!!

画面上で大野くんの方を見て眉をひそめながら「え?え!?なんだなんだ!?」みたいな表情をワザと作ってる翔くんがものっすごい憎らしいほどにカワゆ~い!!

うれしいくせに!

素直に笑顔になっちまいなよ翔!!(慣れ慣れしいですね

そのまま画面上で大野くんのほっぺにチューしちゃいなよ翔!!(おふざけが過ぎましたね

大野くんもなにやらちょいと眉をひそめてカメラ目線なんですよね~。

でも余裕の表情っす。

ファンの心をつかんで離さない演出がここにもあり!でした。

30.ハダシの未来

ワタクシの近くにはニノが。

みんなそれぞれの位置でせり上がるステージに乗っております。

松「ヘイ札幌~!みんなで踊ろうぜ~!」

翔「Clap clap and clap!」

手をヒラヒラさせたり、腰をキュ~トに振るニノがカワゆかったです。

松づんがピースしたりウィンクしたりで、まぁ~別嬪さんですよ。

くぅ~~っ!

愛しい男が遠い!

31.サクラ咲ケ

バクステに集まる5人。

翔くんのカッコイイラップと言ったらもう・・・!

翔くんとのラップの掛け合いができるこの曲は本当に楽しい!

と、同時に「振り向くな 後ろには明日はないから」って歌詞にちょっと切なくなります。

ジャケット脱いで、最後一斉にジャ~ンプ!!

★挨拶

翔「みなさん、本日はどうもありがとうございました。え~、ライブ、Beautiful World、いかがだったでしょうか?楽しんでいただけたでしょうか?(会場拍手)楽しかった?タイトルのBeautifu Wlorld、みなさんの中にそれぞれのBeautiful Worldがあるかもしれませんし、僕らにとってのBeautiful Worldもあるかもしれませんけど、一緒に過ごした今日のこの時間が、お互いにとってのみんなにとってもぼくたちにとってもみんなにとってもBeautiful Worldだったら、これ以上うれしいことはありません。また・・・BeautifulWorld、The nextでお会いしましょう。ありがとうございます」

「ザ・ネクスト」でどや顔のような笑顔をかます翔くんにむっきぃ~~!!

大「え~今日はどうもありがとうございましたぁ!え~、いやほんと久々でしたけども、やっぱり札幌の空気ってのはすごい感じますね。え~、すごいなんか、え~、3時間ぐらいですか?え~、満喫しまして、え~、僕はすっきりしました。ね、たぶんすっきりされたと思いますけれども。この空間はやっぱりずっと続けていきたいと思うので、またすぐ戻ってきますので、え~、いい子ちゃんにしててください。え~、ほんとに今日はどうもありがとうござございましたぁ!」

まさか最後の最後で噛むなんて・・・(爆笑

カワゆい「ましたぁ!」でした。

大野くんの挨拶の時、翔くんが「ワハッ♪」てな感じで笑っておりました。

「すっきり」の時かも?

相「みなさん今日はどうもありがとうございました!ほんとにたのしくてたのしくて。なんか一分一秒がBeautifu Worldだなぁってずっと思ってます。ね!すっごい、いっぱい間違えたけどね!おれね、先月一週間入院してたんですよ。で、ベッドの病院で」

会場「笑」

ニ「おまえほんとに入院してたの!?なんなのベッドの病院て。病院のベッドだろ。十勝帯広だろ。頼むよ」

相「わかったわかった(笑)病院のベッドで寝てたんですが、ほんとに楽しみが朝食しかないんすよ。今置かれてる僕らの状況で、すごく刺激的で、ほんとに一分一秒が楽しいんで、僕それを実感できたんです。・・・あの、このあとなにしゃべろうかな(苦笑)ここまでちょっと僕のプランなかったんですけど、でも、これからも、もう120%元気になりましたので、みなさんのご協力でBeautiful World作っていただきまして、どうもありがとうございます。本当に今日はどうもありがとうございました」

相葉ちゃんの挨拶中、翔くんが何やら隣の大野くんのお尻かどこかを触ってやがるんです。

手を伸ばしてるんじゃなくて、若干大野くんの後ろに体がちょっと隠れるようにして。

そして離れると、今度は大野くんが翔くんの左腕をピタッと触ってすぐ戻ったんです。

そしたら翔くんが大野くんに触られたその場所をペイッ!って!!

ペイッ!って!!

まるで「ちょっと触んないでよ!」的な乙女のように拭ってました(悦悦悦

なんてキュ~トなやりとりをしているんだこのコンビ・・・!

殺す気かっ!!

相葉ちゃんのミラクルな挨拶で翔くんが両ひざに手をついて笑ってましたよ。

相葉ちゃんとニノがタッチ。

するとニノが相葉ちゃんとタッチした自分の手のひらを見つめながら位置につきまして・・・

ニ「どうもありがとうございました!みなさんがね、たぶん思ってるよりも・・・相葉さんの手ビッショビショですよ」

相「言わなきゃわかんないんだよ」

ニ「ごめんなさいそうですよね。相葉さんの服見ればビッショビショなのはわかるんすけど」

相「ビショビショだよ」

ニ「でもそれくらいあの、充実して楽しかったです。ありがとうございました!ひとりひとりがね、僕らと同じ気持ちで楽しかったなぁって思えるんじゃないのかな。すごくいいBeautiful Worldになったんじゃないかと思います。これからまた、いろいろあるけど、ぼくらもいろんな方向に歩いていって、出来るなら成長をね、望んで一歩一歩前へ進んで行けたらと思っております。あの、今度どっかみんなのこう歩いているときに、他の4人、5人が出会うことがあればまた一緒に楽しく思い出を作って、応援していただけたらなと、いうふうに思っております。本日は本当にありがとうございました。すごく楽しかったです」

松「みなさん今日は本当にどうもありがとうございました。ほんとに楽しかったです。みんなと会って、みんなとひとつになって、みんなでエネルギー交換し合って、すごく幸せな空間です。ほんとに幸せだなぁって、幸せってこういう空間なんだなって、改めて思いました。みんないろんな思いでこの場所に集まってると思いますが、みんなが笑顔で僕らに手振ってくれたり、歌ってくれたり、この顔がすごく僕らの勇気になります。すごく、幸せな時間をありがとうございました。みんなひとりひとりに感謝してます。これからも僕らは5人で歌い続けていくので、またみなさんの元気のいい顔を見せに来てください。ほんとにいい時間でした。ありがとうございました。(会場拍手)みなさんにとって、この世界がBeautiful Worldでありますように。聴いてください。果てない空」

松づんの挨拶、「みなさんにとって」で、4名様が松づんの横に並び始め、挨拶後に『果てない空』のイントロが流れ始めます。




続く・・・。


Beautiful World へ④

昨日雑誌を物色に行きました。

何気な~くコミックコーナーを見たら、ワンピースの最新刊が出てるじゃ~ございませんか!!

速攻で手にとってレジに向かいましたよ。

そしてすぐに読みました。

やっぱり面白い~!

ルフィのあのセリフには感動したなぁ・・・。

あのしらほし姫に「そこにいろ!」って言った理由。

そしてオトヒメ王妃とその子供たちとの最後のシーンに涙涙の大洪水。

はやく次が読みた~い。

ズビビビ・・・・っと鼻水が・・・。

どうも!youriです。

Beautiful World コンサート in 札幌(2日目)続きです。

20.虹のカケラ~no,rain no,rainbow~

メインモニターにはなにやらアニメーション映像が始まり、森の中に小人がひとり。

ほどなくしてそれが松づんだとわかりました。

そして松づんは、木の上で寝そべっている相葉ちゃんを呼び、次に本を読んでいる翔くんを声をかけ、釣りをしている大野くんと携帯ゲームをしているニノが一緒にいるところに行き、5人横並びになって歩いておりました。

相葉ちゃんの肩にはお猿さんがいて、翔くんは小脇に本を挟んでおりました。

2番のサビでトロッコに乗る嵐さん。

やがて歌の最後には、センターステ前の通路に5人ならんでおりました。

向かって左から相葉ちゃん、翔くん、大野くん、ニノ、松づんの並び。

21.ふるさと

まさか聴けるとは思っておりませんでした。

なんとも緩やかな時間が流れるかのようなメロディの中、嵐さんの優しい歌声が響き渡るドーム。

とても感動しました。

せりあがるトロッコのステージ。

ワタクシこの曲の「ひたむきに時を重ね」の翔くんの声がスキすぎてたまらんのです。

歌い上げる翔くんがものっすごい儚げで切なかった・・・。

照明もオレンジ色で夕陽のようで演出に、くぅ~~ッ!

22.風の向こうへ

「書いた言葉」のお顔がツヤッツヤな翔くんにデヘ~♪

2番でバクステにトロッコで移動する大野くん、相葉ちゃん、松づん。

センターには翔くんとニノ。

ラップ前「エッビバディ!」な翔くんのアオリ。

それくらいのときに花道を歩いてメインステに向かう翔くんとニノ。

またラップの時の翔くんが男前なんですな~!

首のぶっとい血管がまるっと見えちゃう♪

はぁ~素敵♪

そして「続いていくyeah!」もまたどえらいキュ~トな声で♪

ため息が出るってなもんですよ。

大野くん最後のフェイク、ちょっと音はずしちゃってました。

でもここのフェイク、次の曲が大野くんソロだったのだから、誰かが代わりにやってたのかも?

今では真実は闇の中~。

すみません。

23.Hung up on

バクステ大野くん登場!

ちょっとだけ、ほんとに期待していた翔くんによる冒頭のラップは普通にCD(笑

そらそうですよね~ごめんなさいね。

ちょっぴりあやしい感じ。

青と紫の照明で照らされる大野くん。

バックには2人のジュニアだけ。

めっちゃはじめから踊ってます!

白ジャケットに黒シャツ、ピンクのネクタイ、黒パンツでした。

「身の程知らず」の「みぃの」にスキューン!!

今回一番印象に残っているのが、ところどころでやっていた動きなんですけれども。

足をブルブルブルブルブルブルッ!て小刻みに動かすところです。

ものっすごい速くって!!

サビの「Hung~」でもユラユラユラッて!

カッコイイ~~!!

指をクイクイッて「おいで」みたいな振りもありましたし。

間奏では操り人形みたいに、本当に自分で踊ってるのにそうは見えない・・・と思ってしまうような振付もありました。

『Monster』の、間奏明け前の振り、例えるならCDのタイムバー3:03辺りの振りと似ている部分もありましたね。

両手を右、左に揺らす振りです(大野くんならではの動きです

やっぱり長めなんですよね~間奏♪

ほぼ正面や会場を見ることはなく、うつむき加減でとってもセクシィ~♪

ただスマートにタイトにひたすら踊っておりました。

「Cry」の「クラ~~~~ィ!!」では目をつむっていたのですが、それもまた男前で。

兄ちゃんも「カッコイイ」って言ってました!(youri情報

24.どこにでもある唄。

メインステでスタンドマイクで立ってギターを弾くニノ。

赤ベストに長い裾?袖?のシャツにジーンズ。

メインモニターには桜の花びらが舞っていたり、サブモニターにはニノの顔が映ったりしていたんですが、すべてモノクロなんです。

とっても無機質。

遠く見えるのは紛れもなく色があるニノなのに。

2番の前にメインモニターに白い鳥が飛んでる映像が。

やっぱりこの曲は泣きそうになります。

泣いたらダメだ・・・逃げちゃダメだ・・・(違)と思って泣きませんでしたけど。

「泣いて求めて」で上を向いて虚ろなニノがセクシィ~臭プンプンで、むっきぃ~~!!

モニターに白文字の歌詞が流れ始めます。

「楽になってた」で少し笑顔になるニノ。

それまで笑顔になってるところがなかったと認識していたので、ちょっとほっこりしました。

「息を吸ってはいて」の「はいて」の「てぇ」の「ぇ」に、ひぇ~!

はく息が「ぇ」に詰まってて色っぽかったんですの~!!

もうはひふへほの「へ」に近い「ぇ」でした。

「ただそれだけでいい」で映像が色づきました!!

メインモニターの飛んでいた鳥も色とりどりになってたくさん飛んでいました。

「ずっと~~~~~~!!!」がもう力強くてたまらん!!

ずっと切ない、でも強い瞳で歌い上げているニノ、ギターの弾き方も男前で素敵でした。

25.JOY

衣装が変わりました。

モノクロの格子柄のようなジャケットの嵐さん。

『まだ見ぬ世界へ』のPVのニノがはいていたスカートみたいなチェックの服をみんな履いていて、蛍光色もどっかにあったけど、どの部分か忘れてしまいました~。

バクステに大野くんと翔くん。

ムービングでセンターに移動します。

松づんと相葉ちゃんはトロッコで移動。

「そのまま離さずに hold my handz」で、マイクを両手で持つ翔くんにキュンとした~♪

大サビでセンターステをグルグル歩く嵐さん。

26.morning light

センターステでダンスしてました!!

サビで手を振り回しましたよ♪

「握り締めて」で5人が向かい合って輪になって、右腕を上げて順番に手を握るってのがありました。

メインステに歌いながら移動する5人。

大野くんのフェイクは格別。


★ダンス

スモークが出始めて、聞いたことがないBGMが流れます。

やっほい♪

松づんの言っていた新しい装置とはこのことだったようです♪

メインステでダンスする5人。

でも暗くなり、メインモニターにはシューンと5色の線が飛んでいます。

するとどこぞの豪華なホテルのようなものが映り、窓が飛び出てきたり引っ込んだり、ホテルが動きだします。

そしてホテルの庭のようなものが・・・するといきなり大野くんの顔が出てきてかなりおちゃらけた笑顔がドーン!!

なんじゃこりゃ~~!?

雰囲気がぶち壊しでは!?(爆笑

すると翔くん、相葉ちゃん、ニノ、松づんの順番でひとりひとり映ります。

相葉ちゃんは猪木をやってました・・・(笑

ニノはダブルピース。

松づんはウィンクで舌出し♪

翔くんはファニーフェイスの天使のミラクルスマイルでキュ~ト!!

そしてモニターが真っ暗になり、はじめに出てきたのは翔くんひとり!

モニター手前中央で踊っております。

すると分身の術のように翔くんの分身がモニターに横3列、縦にも3列くらい出てきて一緒のダンスをしているじゃ~ございませんか!!

そして翔くんが消えたと思ったら、次に出てきたのは大宮。

大野くんが左端、ニノは右端でそれぞれ向かい合って歩いて近づきます。

大体2メートルくらいの距離まで近づいたところでダンス。

すると左端に怪物くんが登場!(その瞬間ニノが消えます

大野くんがギョッ!とした感じで驚きます(笑

そして怪物くん大暴れ~★

伸ばした大きな左手で出てきたニノの体をグワシッ!と鷲掴みして引き寄せ、ニノをペイッ!とぶっ飛ばしちゃいます。

映像のニノは左端モニターに大きくなって映り、そのまま飛ばされちゃいました。

そしてまたモニターが真っ暗になり、左上からワイヤーで登場したのはニノ!!

さっき吹っ飛ばされたのにもう出てきた~!!

そして左上から右下に斜めに降りてきて、持っていた帽子をヒュンッと投げます。

その先にいて、帽子を受け取って出てきたのは松づん、そして相葉ちゃん。

松づんは帽子をかぶって2人でダンスします。

そして一緒に消えて、相葉ちゃんが一人出てくると、小さな蝶を投げます。

その先にのモニター下中央に出てきた松づんの背中に蝶の羽が生えちゃいます!

羽でか~~!!

と思ったらまた2人とも消えて、パッと出てきたのは松づん。

しかもモニター上中央にゴンドラで一人登場。

でもすぐに消えて、パッと出現した場所がその真下のステージ!!

どうなってんの~~~!?

松づん瞬間移動の巻!!

どこまでが本物でどこまでが映像なんだ~~!?

全貌を見るために肉眼でガン見していたからなおさらわからな~い!!

エンターテイナー松づんには敵わないっすよ。

参りました~!!

そして5人が集まってダンス。

これも映像・・・?

またもやモニターには5色の線が・・・。

そして始まった次のイントロは・・・。

27.まだ見ぬ世界へ

長めなイントロ。

もうこのイントロが始まった瞬間にドキがムネムネ~~~!!

ワタクシ今年の健康診断で血圧最低が50だったんですけど、まぁ~上がりましたよね、えぇ。

心拍数も血圧もうなぎ昇り!!

そして出てきた嵐さん衣装が変わっておりまして。

ワタクシ今回のツアー一番のお気に入りの衣装がこちらですね。

青いジャケットに赤いパンツ、中には白いカットソー。

Timeコンサートのオープニングの衣装を上下逆にして、もっと軽くした感じとでもいいましょうか。

ジャケットの裾短かったですしね♪

本当に素敵でしたぁ~♪

でもPVの衣装だったらもっと発狂していたことでしょうね。

Mステのもスキです♪

だって翔くんの衣装の上・・・スリット入ってるじゃないですか(ド変態なんです

まぁそれは置いといて。

みんな同じだったと思います。

「オオオオオオ~♪」の振りでスキなところがあるんですけれども。

足をガバッと瞬間的に開いて、同時に左手を前に出す振りあるじゃないですか。

あそこの大野くんがワタクシめちゃくちゃお気に入りでございまして♪

体がブレないですし、一番綺麗に足開いてますし、なによりもあの腰の安定感と手の出し方がスムーズでたまらんのです。

格別でした!

そして翔くんに関してはもう「理由はいらない」の「理由」部分が大好物なんです♪

あのグニャ~ンとした上半身の動きが最高~~!!

今回はたまに見る角度によっては大野くんが翔くんに被っちゃってて「はぁぁ・・・!」だったところもあったのですが、なんとか見れまして良かったです。

あの翔くん独特な大きな動きがお気に入りなんですよね~。

もう翔くんの「理由は」に首ったけっす。

そしてラップの「スカッカカカカカカイ!」も男前で。

カッコイイ~!!

男前~~!!

麗しい~!!

素敵~~!!

別嬪さ~ん!!

と、こんな状態でしたので、他4名様の振りはほぼ確認できず。

ごめ~ん!

でもPVメイキングはガッツリ見てるから~!

「あの日からぁぁぁ~」の大野くんのフェイクは格別!

2番はサビだけ踊っておりました。

間奏の「to the top」の辺りは、照明がめちゃくちゃチカチカチカチカしてすごかったです。

黒と白の照明でチカチカエンドレス。

「オオオオオオ~」で翔くんがちょっと笑顔だったのがまたイイ!!

最後のキメポーズの瞬間に特効ドーン!!でギャーー!!

後ろ姿がまた男前度がダダ漏れなベストショットで惚れ直さずにはいられな~い。

とってもとってもカッコイイ嵐さんでした・・・♪




続く・・・。








Beautiful World へ③

出勤前、帰宅後、TimeコンサートのDVDを見ておりました。

しかも同じ曲ばっかり。

『Everybody前進』と『Yes?No?』でございやす。

実はコンサート中、この2曲を聴いてからというもの、どうしても見たくって見たくって。

やっぱりスキですわ~♪

ほんでもって『時代』と『Cry for you』も見ちゃう♪

どうも!youriです。

Beautiful World コンサート in 札幌(2日目)の感想続きです。

ザッとMCのみでお送りいたします。

★MC

『Happiness』が終わって・・・。

翔「イエイ!イエ~イ!イ~エ~イ!札幌のみなさん、改めましてこんにちは!僕たちが嵐で~す!」

嵐「こんにちは!よろしくお願いします!」

ニ「ようこそようこそ」

翔「いや~楽しいっすね!」

ニ「楽しいよ!」

松「絶好調だね」

翔「そうだね(笑)絶好調超だね!」

翔「ここさやっぱ昼間と違って夜寒いよね」

相「はい」

翔「こんだけ汗かくってなかなか無いんじゃない?」

ニ「そうだね」

翔「札幌見渡しても、ここだけじゃない?」

ニ「フフフフッ♪」

翔「思いのほか・・・サラサラって(苦笑)」

ニ「ハハハハ♪」

松「まぁあれじゃない?」

会場静かになり・・・

松「北海道だけでも、ここだけじゃない?」

やたらエロくさいんですよね~(失礼

会場「きゃ~~!!」

嵐「全然違う」

翔「おれん時と違う!」

ニ「フフフ♪」

相「でもさ~、札幌」

ここでニノが相葉ちゃんの声を自分の声で被せてきちゃいます♪

相「ちょっとお前!」

と、ニノに詰め寄る相葉ちゃんにンフフ♪

相「でもさ~とりあえずみんなに座っていただこうよ」

珍しい相葉ちゃんの号令で座る事に~。

嵐「そうだね」

翔「お話の方させていただくので、座ってちょ~だい♪おねがいしま~す」

カワゆいな!!

松「いや~相葉さん楽しいですね」

相「楽しいっすね」

松「相葉さんHappinessの時サビどうしたんすか?猛ダッシュで俺の後ろ通り過ぎてった」

ニ「”走り出せ”でずっと前走りだしてましたからね。あれなんなんすか?」

相「あそこ(さっきのメインステのはしゃいでた位置)から~サビまでに戻ってくるって言う僕のノルマがあるんですけれども」

ニ「そうですね」

相「それもBメロ辺りの、”ドゥ・ドゥドゥン♪「イエー!」””ドゥ・ドゥドゥン♪「イエー!」”をジュニアと一緒にやってたの」

ニ「(食い気味に)相葉さん!Bメロの”ドゥ・ドゥドゥン♪「イエー!」”っていうのは?」

相「”ドゥ・ドゥドゥン♪「イエー!」”」

懲りずにまだ再現する相葉ちゃんがカワゆい♪

ニ「”ドゥ・ドゥドゥン♪”ってなんすか?」

相「Bメロ!」

ニ「相葉さんの中ではBメロなんだ」

相「うん、それやってたら、ジュニアに、相葉さん!行かないと!って」

相「で、パッて見たらみんなスタンバッてんですよ。でも!すごいね!おれものすごいスピードで走れた今日」

ニ「間違いないね」

翔「おれも!実はBメロちょっと”ドゥ・ドゥドゥン♪「イエー!」”盛り上がってたの。あっちとあっちで”ドゥ・ドゥドゥン♪「イエー!」”やってたの。でも途中気付いたの。やべぇ、間に合わねぇんじゃねぇかって。ファンのあちらにいるおきゃくさんわかってたよね!?櫻井この調子だと間に合わねーぞみたいな。で、これはマズイと。」

ニ「うん」

翔「現地集合間に合わないと」

ニ「遅れちゃうよと」

翔「で、パッて見たらまだまだ遥か彼方にいるから~」

ウケる!!

翔「お前大丈夫かってよく間に合ったな~って」

相「こう走ってきて、全力で”走り出せ~♪”」

ニ「全力で走る(笑)だからBメロの”ドゥ・ドゥドゥン♪”やめてくださいよ!」

相「次から気をつけますんで!」

ニ「リーダーとずっと2人で指してたもんね」

大「そう」

ニ「あれ間に合わない」

大「あれ間に合わない」

ゆび指すだけでほっとき実験な2人にンフフ♪

ニ「まいいや、つって」

翔「それぐらい超盛り上がったってことだよね」

相「はい楽しかったっす」

翔「まぁ札幌も二日目になってね」

大「そうですね~」

翔「二日目になったら最終日になるわけ札幌のね」

ニ「そうですね」

翔「昨日みんなでご飯行ったよね」

ニ「行ったね」

翔「あのね~、なんていうのかな~、もうそろそろお寿司とか」

松「もうそろそろなの?」

翔「まぁね、カウンター囲んでね?これ5人がさ~、まとまるわけにはいかないじゃない?スタッフの方とかもいるからさ、なんとなく席広がるわけですよ」

ニ「3・2だよね?」

翔「二宮櫻井松本とスタッフ挟んで大野相葉さんなんですよ」

相「はい」

ニ「よく綺麗にドラマ班とバラエティ班に分かれましたよね」

ウケる!!

絶妙な表現ですな~ニノは。

相「偶然でしょ偶然」

ニ「バラエティ班楽しそうでしたね!」

相「笑」

翔「僕たちは~けっこうまぁほっこりとしたムードで話して、終わって、じゃあ席立ちますかそろそろ帰りますかってパッてこっち(バラエティ班)見たら、あっちの盛り上がりがね~」

ニ「そう」

翔「どういうトークテーマで繋いでたの?」

相「リーダー言っちゃいなよ」

大「えぇ~行けよ」

松「覚えてるんすか~?」

大「いや覚えてるよ全然」

翔「すげー楽しそうだったよね」

大「マネージャーたち」

相「マネージャー2人いましたね、振付の人とかね」

大「で、振付(←若干言えてない感がダダ漏れの発音)の人とか寿司とかにゃんにゃん(←”だんだん”って言いたかったんだと思います。ワタクシにはこう聞こえました)食えないって」

嵐「大野さん!」(これものっすごいタイミングが一緒!

翔「今酔っぱらってないっすよね?」

ウケる!!

確かにろれつが回っていないように聞こえてた!!

そしてみんなに大丈夫ですか?と訊かれる大野くん(笑

松「大野さん、歌ってるときはあんなにハッキリ歌うのにしゃべると途端にモゴモゴする・・・」

むぎゃ~っはっはっは~!!

大「あんまり見ないから~」

まだみんな笑ってるのに話を進める大野くんのマイペースさにキュン。

大「これは・・・」

ニ「滅多にない機会だと」

大「そう」

大野くんの言いたいことをすぐに察知してフォローするニノの素晴らしさをどう称えればいいのですか?

国民栄誉賞くらいあげないと割に合わないですか?

・・・はい冗談です。

大「だからとっといて、お母さんにあげたいんだと」

ニ「あぁ」

相「そうそうそう、それで?」

大「かたやこっちマネージャーは、けっこう呑める」

相「お酒好きでね!」

大「でずっと、間にふたりで飲めよ飲めよって言ってただけだね」

翔「あ、うそ!?なんかすごい・・・」

ニ「ね!」

相「テーマないけど楽しかったよ」

大「そうそう」

松「あとなんだっけ?甲羅酒?」

相「あぁ~」

ニ「カニのね」

松「カニみそ。これ甲羅に酒、ビール入れて飲んでみたり。それすげぇ盛り上がってた」

翔「盛り上がってた(笑)」

ニ「そうですねすげぇ盛り上がってましたね」

翔「2杯目ちょ~うめぇ!2杯目ちょ~うめぇ!つって」

松「だってぇ、おれパッて見たら2杯目のとき相葉くんがプリン食うみたいに」

酒なのにスプーンで飲んでいたんだとか。

翔「こっちはね、最近よくやるんすけど~。おれがなんていうのかなぁ?」

ニ「人生のね、先輩?」

翔「キャラクターで遊んでたの。2人で。よくいる自分の話をする若干めんどくさい人っていう設定がお気に入りなの」

ニ「そう、おれはその人を心から崇拝してるっていうキャラクター」

翔「なんだろうな、しゃべり方でさ、『いやおれってさ、お寿司屋さんとか、あ~・・・シャリとか食べないみたいな、ところがあるじゃん?』」

ニ「『すげぇ、そーっすよね』」

いきなり前触れもなく始まった再現にザワつく会場(笑

ニ「『一回や二回じゃできないっすよね!おれは恥ずかしくてできないっす』」

翔「『でも一回目からやっちゃう自分が素敵みたいなとこおれあるじゃん?』」

ニ「『ありますね~』」

翔「『だから~慣れてくると君も二回目からいけるんじゃないかなとは思うよ』」

ニ「『いやでも~5回目なんすよ』」

翔「『あ5回目なの?(汗)』」

ニ「『そうなんすよね』」

翔「『あ~6回目からスキだと思える自分がいたりするじゃん?』」

ニ「あはははは!!」

翔「みたいなことやってたの!どうでもいい話ほんとに!」

ニ「ほんとにずっとこれ」

翔「したら、迷っていた松潤がぁ、(声のトーンを落として)『ねぇ、翔くんて、いっつもそんな飲み方してるの?』」

ウケる!!

松「最近みんなで行ったの久しぶりだったじゃん!」

ニ「そうだね!」

松「メンバーとも、リーダーとニノとは行ったけど、最近酒飲むとこんなにめんどくさかったんだって」

翔「はははは!!」

松「やべぇヤなひとの隣座っちゃった~って」

そんなの本心じゃないくせに~♪

翔くんの新しいイチメンが見れて良かったね!!

翔「はっはっは♪ガチのパターンてことでしょ?」

松「そう」

翔「そうず~っと1時間ちょっとくらいそのキャラクターのまま突き進んだんだよね」

ニ「けっこう長かったよね」

翔「うん。やっと松潤のツッコミが入ってやめようと思った」

松「やでもほんと久しぶりで楽しかったな~」

相「そういえばさぁ~ちょっと前ワクワク学校やったじゃないすか」

嵐「うん」

相「北海道にロケ来たんすよ」

翔「あぁ」

ニ「潤くんも行ってない?」

松「おれこないだ行ってたよ美瑛」

翔「あそうなんだ」

松「あのメッセージフロームジャパンの」

翔「あぁあぁ」

松「にゃ~」

この「にゃ~」声ものっすごいカワゆかったっす!!

相「来ました、にゃ~。やってました。おれね!帯広に来たんすよ。帯広の牧場」

松「十勝帯広帯広十勝どっちだ?って」

相「そう!それが訊きたかったの」

翔「訊いてみたら?」

相「帯広十勝なのか、北海道帯広十勝なのか、北海道十勝帯広なのか」

ニ「帯広十勝じゃないの?」

やっぱり道民じゃないとわかんないもんなんですね~。

相「え?」

翔「訊いてみたら?は~いって」

松「じゃAパターンとBパターンで拍手してもらって」

ニ「帯広十勝なのか」

相「じゃ帯広十勝だと思う人!」

拍手パラパラ

相「十勝帯広!」

拍手たくさん

相「こんなにたくさんいてさ、ちょっとは間違うんだね」

松「北海道じゃない人がいるんじゃない?」

相「はははは!」

松「北海道じゃない人が私も参加したい!って気持ちで叩いたんじゃない?」

相「そっか!すごい」

ニ「全員北海道じゃないでしょ」

相「そうだよねそりゃそうですよね」

ニ「結果は?」

相「・・・・・・・十勝帯広」

ニ「ギリギリだな!!」

相「あぶないあぶない3秒で忘れるところだった」

ニ「あぶね~な」

翔「その時はゆっくりできたの?」

相「してないっすね1泊してないっす」

ニ「何空港ですか?」

相「・・・・」

松「覚えてるでしょ?」

相「えっとね、アレですよ・・・と~ま~こ・・・?」

会場「え~っ!?」

苫小牧(とまこまい)と間違えてる!?

でもなんでそれが出てきたの!?

相「じゃな~くて♪」

カワゆいわ~♪

ニ「苫小牧」

嵐「じゃなくて!!」

松「思いだして思いだして」

翔「ドットコムして。ドットコムしてぇ~?」

相葉ちゃん、志村ZOOよろしく右人差し指を頭にツンツンツンツンツン!

相「雅紀ドットコ~ム!」

会場「きゃ~!!」

相「すいませんでした!」

ニ「おいお父さん怒ってるぞ、はやくしろって」

相「アレでしょ!?帯広空港!」

会場拍手♪

相「ありがとうございます!」

翔「相葉さん、ひとことあの、若干の帯広の長い尺のくだりあやまってください」

相「はいわかりました。すいません、僕の帯広話に時間を割いちゃってすいませんでした!(ペコリ)」

翔「アハハハ♪」

そして花道を歩いて、メインステに歩きだす嵐さん。

翔「「じゃなくて」よろしくお願いしますねって」

相「あ、「じゃなくて」もすいませんでした」

翔「!?すいませんでしたじゃねぇだろ!(笑)」

たぶんアルバムの「じゃなくて」もよろしくおねがいしますって意味で翔くんは言ったのかも?

相「あれやる!?・・・古今東西」

ニ「やだも~」

松「なんで古今東西なの?」

翔「この人すげ~スキなの。こないだね2人でロケ行った時もずっとやってたんだよね」

と、相葉ちゃんの方に手を置きながら話す翔くん♪

相「やってたね。古今東西北海道っぽいもの!シリーズで」

松「ちょっと待ってください?」

嵐さんからSTOPがかかります(笑

相「北海道っぽいもの」

翔「じゃあ、じゃあいいよ。やろうか?3人・・・」

でも結局2人でやることになったアイサク。

その間に他3人はお色直しに消えました。

相「じゃ翔!」

翔「やろうぜやろうぜ!」

相「じゃおれから行くわ」

翔「いやおれからもやりてぇからジャンケンで決めようぜ!」

相「あぁオッケ!先にどうぞ」

相「クゥ~~ッ!」

翔「どっちにしようかなぁ~!?じゃ先行いかせていただきます。北海道っぽいものですね?」

相「オッケ!古今東西!」

2人「いえ~♪」

相「嵐のライブ!」

2人「いえ~♪」

相「北海道っぽいもの!」

2人「いえ~♪」

この古今東西の間、アイサクは広いメインステ真ん中に、こぢんまりと向かい合い、次言う人に向かって「どうぞ」ってな感じで手のひらを差し出してました♪

なんともシュールな画♪

翔「はいはい。お寿司」

相「はいはい。鮭!」

翔「はいはい。カニ!」

相「はいはい。ウニ!」

翔「はいはい。イクラ!」

相「はいはい。GLAY!」

相「はいはい!」

翔くん&会場「!?」

翔「GLAY!?」

ニ「それさぁ~北海道のものじゃん?北海道っぽいものじゃないでしょ」

2人「あ~・・・」

相「そういうこと・・・」

言いだしっぺ!!(笑

相「ちっくしょ!」

そして再開。

相「はいはい」

翔「・・・おれ!?」

相「フフフ♪はいはい♪」

翔「じゃがいも!」

相「はいはい!にんじん!」

翔「はいはい!優しい時間!」

相「はいはい!鈴木宗男!」

むぎゃ~っはっはっは~~!!

ちょっとここ「おお~!」ってなって翔くんも楽しくなっちゃったみたいで、

翔「まぁつやまちはるぅ~♪」

会場「おお~!」

ニ「もううるさい!」

やっと3人が登場。

ガチャガチャした服だったな~。

普通の生地にいろんなロゴや何かをゴチャゴチャくっつけてるって感じで、何色のとは言い難い衣装でしたね。

でもなんだか20代前半の雰囲気。

っていうのも、Tシャツ、ジーンズ、チェックのシャツ的な感じだったような?

バンドやってそうな感じでした。

相「松山千春言われちゃもうダメだ。もう出ないよ」

ニ「じゃもういいよ」

相「ありがとうございました。すいませんでした!」

そして松づんがソロでもスベってきたスベリ台に座る大宮と松づん。

位置的には向かって左にニノ、ちょい真ん中の下あたりに松づん、ニノと対照的に右に大野くん。

ほんでもって大宮は体育座りなんですが、松づんは土手にいるかのように寝そべっているスタイル。

ニ「まぁ、座りながら申し訳ないなと思うんですけど、大野くん」

大「はい」

ニ「映画、出るんだよね?」

大「あぁ、もう知ってられる・・・やります。僕の、誕生日に公開になったんだぁ」

上を見上げながら笑顔でキュ~トな大野くん。

松「智の誕生日かぁ~。11月26日かぁ~。いい日だなぁ~」

ニ「なんていう映画なんだ?」

大「言っちゃう?」

ニ「言っちゃおうよ」

大「実は・・・怪物くんていうんだよ」

会場「笑」

松「翔!こっちだよ!はやく来いよ!」

松づんが「翔」ですよ!?

初めて生で聞きました!!

コレいつの間にか青春ドラマちっくになっている嵐さん。

みんな呼び捨て♪

着替えを終えたアイサクが戻ってきます。

翔「わりぃお待たせ~。先生に呼び出しくらっちゃってさ~」

ニ「あやまったのかぁ~?」

翔「あやまんねぇよだっておれ悪くねぇもん」

ニ「そうだよな!」

大「ははは!」

ニ「雅紀!」

相「おうよ!」

ちょっと息を切らしている相葉ちゃん。

ニ「雅紀どうした?」

会場「笑」

息を切らす相葉ちゃん。

ニ「今智の映画の話してんだよ」

相「智いつからだっけ?」

大「おれの誕生日だぁ」

相「・・・いつなんだ?智。フフフフ♪智わかってるよ、嵐だもんな。そっかぁ楽しみにしてるよ」

大「みんな見に来てくれよ!」

相「オーケイ」

ニ「行くぜ」

松「行くぜ行くぜ~い♪」

相「智3Dらしいな」

大「そうなんだよすげぇ飛び出るらしいぜ」

相「マジか!・・・はぁ」

大「すげぇ疲れてるな!」

ウケる!!

松「なんでそんな疲れてるんだよ」

相「走ってきたんだよ、おれ追っかけられちゃってさ先輩に!」

ニ「お前いっつも追いかけられてんなぁ」

ウケる!

いつもかい!!

きっと美男子すぎてそれが気に食わなくって追っかけちゃうんでしょうね♪つって♪

翔「雅紀もやるんだろ?」

相「雅紀なぁ~、ナレーションてヤツやるんだ初めての」

ニ「おおすげぇな」

相「映画のな、映画の・・・日本列島なんとか・・・ありがとうございます」

翔「はははっ♪」

松「なんに対しての?」

ニ「なんなの今のはっきりさせてぇ!怖いな!なんか聞こえたのか?」

相「日本列島ってヤツ」

ニ「日本列島ってヤツか」

相「そう」

ニ「いつよ?」

相「来年」

ニ「来年かぁ~」

大「いえ~」

相「いえ~!」

ニ「・・・翔!」

ニノの「翔」呼びにキュ~ン!!

翔「なんだよ」

ニ「翔もやるんだろ?映画」

翔「やるよ!」

ニ「言えよやるんだったら」

翔くんずっと腰に手をあててニノの方を見てます。

このトークの時の立ち位置としては、大野くんの下に翔くん、ニノの下に相葉ちゃんがおります。

翔「来月末やるよ!」

ニ「来月のいつだよ!?」

翔「・・・27日だからぜひ劇場に足を運んでもらいてぇんだよ」

むぎゃ~っはっはっは~~!!

丁寧なのか乱暴なのかゴチャまぜ状態!!

ニ「それなら言えよ。だから先生に呼ばれるんだよ」

翔「まぁ、神様のカルテていうのがやるから、ぜひ、大きなスクリーンでご覧いただきたいんだよ」

むぎゃ~っはっはっは~!!

相「そんなんじゃ誰も来てくれねぇぞ!」

松「翔いつもみたいに、でっかい声で夢叫べよ」

翔「!?」

相「将来どうしてぇんだよ」

ニ「そうだよ」

翔くんに松づんから白羽の矢が・・・(笑

そして戸惑いながらも会場に向かって息を吸う翔くん・・・すると・・・

ニ「翔」

翔「!?」

翔くん、止まってニノを見ちゃいます♪

ニ「言おうとしてるところ申し訳ないんだけど、マイク使うなよ」

会場「おお~~~っ!!」&拍手!!

そしてマイクを置き、息を吸いまくる翔くん。

そして腰から少し上半身を曲げながら・・・

翔「腹いっぱい!!オムライスたべた~~~い!!!」

やっさいもっさ~~~い!!!

生声です!

アホみたいなカワゆい翔くんの夢が聞けちゃいましたよ~♪

アンドロイドでも「何食べる?」ってニノに聞かれて「オムライス」言うてるしな!!

目をつむって大きく口を開けながら叫ぶ翔くん、どえらいキュ~トでございやした・・・♪

上のほ~~!まで聞こえたかな!?

実はこの日の帰り、オムライス屋さん混んでました(笑

そのお店はいつもだけど、やっぱり混んでました。

ニ「でかい夢だな」

松「いい~夢だなぁ~おれも腹いっぱい食いてぇ」

大「腹いっぱいオムライスかぁ~」

ニ「夢だなぁ~」

松「ビッグになったらおれにもおごってくれよ」

翔「いいよ~オムライスだけだぞ~」

松「おい」

ウケる!!

ケチくさっ!

翔「じゃあ、もうそろそろ次行かないと詰まってくるからさぁ。最後に智から夢を。(会場「え~っ!!」)あっ、でもあれかぁ、潤の舞台もあるんだな」

松「そう、おれ10月から入るんだ」

そう言いながらなぜか寝そべったままスベリ台の上で体を180度回転し始めた松づん。

逆さまになっちゃいます。

なんってやることがカワゆいのか!

嵐「どうした潤!?」

松「おれ10月から舞台やるんだぁーーっ!!!」

ニ「フフフフ♪潤、タイトル言わないと誰もこないよ」

松「『あゝ、荒野』って舞台やるんだおれ」

ニ「おお」

翔「噂によるとボクサー役らしいじゃないか」

松「そうなんだよボクサーになるんだ」

翔「すごいよな」

大「けっこう久々だね、舞台」

大野くん、久しぶりにまともに声が聞けました(笑

松「舞台5年ぶりだよ!」

翔「ね、楽しみだな~雅紀!」

相「なぁ!観に行こうな!」

嵐「観に行こうな!」

翔「頑張ろうな!」

相「頑張ろうぜ!」

松「おれらも頑張るんすか」

翔「あぁ、じゃあ」

相「よし」

翔「コンサートやろうか」

戻った!(笑

松「じゃあキャラ戻そうぜ」

翔「さぁというわけで」

完全に戻った!(爆笑

相「いくよ♪」

ニ「後半戦だよ♪」

松「相葉くん」

相「オーケー、行こうか!みなさん!後半戦行きます!いいですか?準備はいいですか!?行くぞ~っ!行くぞ~っ!!『虹のカケラ~no,rain no,rainbow~』!」




そして後半戦へ。






続く・・・。








プロフィール

youri

Author:youri
趣味:木更津キャッツアイとジャニーズアイドルグループの嵐さんを愛で倒してデヘデヘすること

俳優、綾野剛くんにキュンキュンしてます。

ぜひ年齢性別関係なく仲良くしてください♪

リンクやコメント大歓迎!

天性のファニーフェイスな翔くんに、常にやっさいもっさいしてます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの輪
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。