スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高まりゅ!!

北海道での相葉ちゃんラジオ放送第一回(以前に流れていたらしいものはカウントしてません(笑))。

イヤホンから聴こえてくる相葉ちゃんの声に、やっほーい!!

声だけでもなんて明るくてキュ~トなんだ相葉雅紀!!

米とぎを終えた母に片方のイヤホンを渡して2人で聴いておりました。

リレー川柳でのあまりのぐだぐださにンフフ♪

やっぱり相葉ちゃん、期待を裏切りませんな!

アタイも「ラブ注入!」しか思いつかなかった!!(爆笑

録音はしておりませんので、これからもレポではなく、感想を書いていこうと思います。

ただひとつだけごめんなさい。

スキマスイッチさんの『全力少年』途中で夢の中へダイブしてました(母はその前から

ノォォォォ!!!

相葉ちゃんごめーーん!!!(涙

起きたら「バイバイ」言ってる相葉ちゃんのところでしたよ。

もののラスト5秒くらい・・・?

も~~っ!!

寝転んで聴いてちゃダメですね・・・。

第一回目からこの有様ですよ。

睡魔コワイ・・・。

次こそは1時間しっかり聴きます・・・たぶん。

相葉ちゃん、北海道の話してくれてどうもありがとう!

ワクワク学校の十勝帯広!

帯広十勝じゃないよ~♪(笑

続きより、今日から公開された『SPEC~天~』の感想でござります。

これから観に行かれる方は決して覗かないでください(つるの恩返し並みに

観てもいいやって方はどうぞどうぞ。


どうも!youriです。

初日・第一回目の放映を堪能してまいりましたよ~!!

もう連ドラの時から何かやるだろうとは思ってましたが、満を持してってやつですな!

こっちの映画館パンフ以外何も売ってねぇ~~!!

どういうことだ!!

むっきぃ~~っ!!

気を取り直して。

ワタクシが映画館に着いたのは上映開始15分前、e席なんちゃらってやつもしてなかったため、席の選択肢が見事に限られておりました。

H列の真ん中(両隣に観客あり)という、なんとも微妙な席を取りました。

そしたらその右隣が小学生4人くらい並んでるところで(涙

たぶん親っぽい人がいたので家族・友だちで来てたのかな?

けっこうちっちゃい子もいて視聴者層ってこんなに広いものなのかとびっくらこきました。

上映中の前半、やれスカイツリーが映れば「スカイツリーだ」だの、やれ当麻の目が真っ黒になれば「怖い」だのとヒソヒソしゃべりだすんですよ!

アタイの隣のガキんちょが!!

思ったことを口に出すなこんにゃろ~~っ!!

むっきぃ~~~っ!!!

何度「黙ってろ!!」と瀬文さんばりに言いそうになったことか(ウソです。「聞こえないから静かにして」ぐらいは言おうかと思ってました

でもなんとか後半は黙っていたのでこちらも集中することができました。

こういう経験、あんまりしたことなかったんですが、本当に嫌ですね~。

こんなことなら前から5列目とかとってやればよかったと思いましたよ。

だって前の方の列、誰もいないんですもん!(当たり前ですが

前から4列目を体験したことあるワタクシにとって、それくらい大したことではないので。

観てるのがドラ〇もんとかだったらこういうことがあったとしてもいいでしょう、許せます。

でも観ていたのは『SPEC』、許せません(マジで

上映中は本当にヒソヒソだろうがなんだろうが喋るのはやめましょう(マジで

と、上映中のアレコレはここで終わりにして。

感想行きまっせ♪




















時系列には書けないので、思いつくままに書きまっせ。

まず、序盤の・・・・・ファティマの預言?(すでに曖昧で残念

のお話から入るのですが、長い(笑

すごい文字の羅列がスクリーンをスクロールしていくのです。

内容としては預言された最後の第3の預言が今始まるってな感じ。

つまり戦いってことなんですかね。

SPECって、一回見ただけじゃ内容がはっきりとわからないと思うんです。

「あぁ~」と思ってるうちに次々進んでいっちゃうからすべて把握しきれず、2回目以降でやっと噛み砕けるような。

さっき帰宅して4月1日に放送された『翔』を見たのですが(2回目)、そこでここが映画とこうつながってたのね~!と理解できて楽しくなっちゃいましたもん。

絶対映画を観る前に『翔』を見なきゃダメ、ゼッタイ。

CMでもやっていた当麻の「高まりゅ!!」がすぐに見れますよ♪

瀬文さんの作成していた戦国時代のジオラマを壊した当麻。

怒った瀬文さんは当麻の作成していた餃子プラモをテーブルからババババーーッ!!と落として当麻が「キャーーー!!」

そしてバトル勃発(爆笑

いや~楽しい♪

加瀬さんのキレっぷりはいつも血管がブチ切れないか心配になるほどです。

「いらっしゃいやせ。サービスしまっせ」の当麻の一言の後、タイトルが出るところにワクワクしちゃいました♪

ワタクシのテンションがダダ上がりするシーンがありまして。

『翔』にも登場していたのですが、平田広明さん、この『天』でも登場しております!

ワンピのサンジやジャック・スパロウやCSIなどで活躍する声優さんで~す!!

今回はちゃんと顔もバッチリ映るシーンがございまして、「平田さん平田さん平田さんカッコヨス~~♪」って思いながら体が前のめりでした(どーん

声だけで、メロメロメロウなのでございます・・・♪

にのまえは実はクローンでした(どーん

陽太のDNAを使ったクローンだったのです。

『翔』で当麻から召喚されたときも、よく見たら当麻の手で床から出てきたのではなく、当麻の隣に登場しましたよね?

あれドラマの演出なのではなく、本当に召喚されたわけではなかったんですよ。

つまり、陽太クローンは死んではいなかったってことです。

これをにのまえが語っているのですが、聞いてて「そっかぁ~そういえば」と納得。

気づけなかったのか当麻・・・!

そこがちょっと違和感でしたが、ストーリー上しょうがないっすね。

栗山千明さんがまさか日本語めちゃくちゃな人だったとは(笑

「タケ~ル!?」って言った時点で「なんかおかしいこの人・・・!」と思いましたけど、やっぱりおかしい人でした(笑

ちょいちょい日本語おかしくて、当麻のことを「トゥーマ!!」って言ったり。

栗山さんには女の子のお子さんがひとりいてシングルマザーだったのですが、そのベビーシッター役がまさかのカルーセルさん(爆笑

おみゃー『翔』で占い師だったろ!!

堤さん・・・!

そしてその女の子がありえないことに母親である栗山さん演じる青池のDNAと一致しないのだそう。

しかもその子のまわりで不思議なことが起こるらしく、なんらかのSPECがあると見た。

青池のマンションまでつけてきた瀬文さん。

女の子を見るなり、「俺の子か・・・?」って(青池とタケ~ルは以前付き合ってました

青「ええ」(って言ったのかうなづいたのかどうかが曖昧でアイムソーリー

瀬「・・・・・っ!!」

この時の瀬文さんの表情が面白すぎて笑いをこらえるのにてーへんでしたよまったく。

しかも結局父親じゃなかったという(笑

浅野ゆう子さん演じるマダム陽との戦いのシーン。

また瀬文さんが痛々しくて痛々しくてヒィ~~ッ!!

だから足に包帯を巻いていたのね・・・。

「熱い!」「寒い!」の応酬がスゴすぎる。

当麻が青池に「キル・ビル!」って銃を投げ渡すんですが(笑

ここで青池が華麗なキル・ビルを披露(違う

敵に銃を撃つシーンがとっても綺麗でした。

なんだかうっとりしてしまうほどに。

あのシーンをもっかい見た~い。

そして結局マダムは伊藤によって殺されます、にのまえの指示ですけども。

この映画で登場する津田は津田の影武者ではなく本当に津田本人。

全面的に味方側の警察人間でした。

でんでんさんに扮したりしてますけどね!(椎名さん・・・ごちゃごちゃなんですけど

にのまえとの戦いで、津田は「津田、津田、津田」って言いながら今まで自分の代わりに命を落とした津田たちの写真を並べていたんですが、その写真、津田がいろ~んなコスプレをしてるんですよ!!

最後の方金八先生とか出てきて笑っちゃいましたよ!

どうしてくれる・・・!!

風祭警部にも見えたし!

どうしてくれる・・・!!

さて、CMにもありますが、当麻と瀬文さんの対峙のシーン。

当麻が銃を向けているのではなく、当麻の左手が当麻を脅かしていたために当麻の意思に反して左手がしていたことのようです。

左手に乗っ取られそうな感じ。

すごい当麻は戦ってるんだけど、抗えず銃口を瀬文さんに向けてしまい・・・という。

そして「しばしの別れだ」と言いつつ瀬文さんも銃を当麻に向けるわけですが。

的が定まらないまま弾切れになるまで撃ってくる当麻に、どんどん近づく瀬文。

当麻を素手でぶん殴り、当麻を正気に戻らせます。

「せっ・・・瀬文さん・・・!!」

ってときめいたのはワタクシだけ?

瀬「おれにお前は撃てない」

だそうですよ!!

フゥ~~ッ♪

そして正気を取り戻した当麻の作戦でにのまえとの対決に臨むわけです。

クライマックス。

キャリーバッグをぶん投げてにのまえに銃をぶっ放す当麻。

そのキャリーバッグに向かって攻撃する伊藤。

ジャンプする瀬文さん。

時を止めるにのまえ。

そうです。

にのまえに弾が当たる前ににのまえが時をとめてしまったのです。

そしたらも~にのまえは「フフン♪」状態ですよ。

弾の方向を当麻にくるりと変え、伊藤の攻撃によって爆発したキャリーバッグから飛び出した釘も当麻の方へ飛ばします。

がしかし、釘が当麻の左目一歩手前でピタッと止まるのです。

なぜなら糸で繋がれているから。

それに気づいたにのまえ、キャリーバッグの中の装置の電流によってビリビリショックで倒れます。

そして時間は動き出し、弾が斗真に向かい・・・。

でもそこでなんと瀬文さんが弾も電気も釘も当麻の前に立って受け止めるのです!!

ぎゃ~~~っ!!!

瀬文さ~~ん!!

かっけぇ~~っ!!!

顔に釘がたくさん根元まで刺さってるのが今までで一番痛そうでした・・・。

そしてにのまえ死す。

当麻はクローンであるにのまえを被害者だと。

クローンを作り出した本当の戦う相手を捕まえると決意するのでした。

ここですでに続編あるねあるね!!とテンションが上がっちゃいました(笑

だって最終的ににのまえに拉致された青池の子供を助けられないままだったんです。

しかもその女の子、新キャラの白い人(顔は映らなかったですが完全にこの役者さん、向井理さんでーす)のところにいたし!!

も~~っ!!

一体あの人は何者!?

新たな敵だってことは確かです。

そして病院にて目覚める当麻。

瀬文さんのいるICUへダッシュ!

ほどなくして目を覚ます瀬文さんでしたが、なにやら死に際のようなことを口走り、心停止。

ガーン!!!

そして「瀬文さん!瀬文さん!!」と涙を流しながら繰り返す当麻。

瀬文さんの顔に至近距離で「瀬文さん!」と叫ぶ当麻。

すると「っ・・・!!にんにく臭い・・・!!」と息を吹き返す瀬文さんに爆笑です。

こうなると思った!

こうなると思った!

ガチでチューしちゃいそうな距離だったもんだから、SPECならきっとこうなっちゃうんだろうな~とニヤニヤしていたらやっぱりそうなっちゃいました(笑

コレ、劇場が一番笑ってたシーンです。

きっとみんな「やっぱり♪」って笑いだったのかと♪

ドラマを見ていれば自然とそうなってしまうに違いない!

この映画、野々村係長待遇の手紙を読む雅ちゃんから始まるんですよ。

しかもその手紙を読んでいるのは2000・・・何年だったっけ(ちーん

2025年?わからない・・・。

とにかく未来でした。

しかも雅ちゃんてば、格好がまるでメーテル!!

「雅ちゃんがこれを読んでいる時、僕はこの世にいないでしょう」的な文章から始まるんですが、ここのシーンでわかりましたけど、その時代の日本は壊滅状態でした。

国会議事堂らしき建物が崩れていて、そばには海があって、地面はコンクリートではなく砂。

未来の日本が荒廃しまくり・・・なのでは?

そしてそして、エンドロールも必見ですよ!

話が思いっきり続いてます!

終わったからと言ってその場からお立ちになりませんようお気をつけ遊ばせ!

最後の最後にドラマラストと同じくアレがありますのでお楽しみに。

・・・続編があるとしても、それはないと思うよ瀬文さん(笑

今回も堤さんらしさが満載な楽しい・面白い・気持ち悪いのSPECで大満足!!

野々村係長待遇大スキです~~っ!!

DVD買おうっと♪

”結”待ってま~す!!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

youri

Author:youri
趣味:木更津キャッツアイとジャニーズアイドルグループの嵐さんを愛で倒してデヘデヘすること

俳優、綾野剛くんにキュンキュンしてます。

ぜひ年齢性別関係なく仲良くしてください♪

リンクやコメント大歓迎!

天性のファニーフェイスな翔くんに、常にやっさいもっさいしてます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの輪
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。