スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐のワクワク学校~パクパク編~

とってもとっても久しぶりなMステの嵐さんが素敵すぎてどうしましょ!?

あの翔くんがヤバいだの、ここの翔くんが色っぽいだの、この瞬間の翔くんがどえらいキュ~トだの書き散らしたくてどうしようもないんですが・・・。

まぁ・・・『Lotus』のMステも書けてないですし、ひみあらでミッキーとの共演のこともサッパリですからね。

それを消化してからじゃなきゃ書けないですね~。

時間が欲すぃ。

どうも!youriです。

もう需要がとうに無くなっていると思われる嵐のワクワク学校(26日11:00の回)のレポ、続きです。

ほぼ自己満足で書き散らかしますのでご了承ください。

あと少なくともあと2編は残っているんだ・・・!!

今回の校章は緑!

とうことはぁ~!?

相葉先生~~!!

相「さぁそろそろみなさんお腹が空いてきたんじゃないですか~?」

ニ「休憩ですね!?」

相「違います。昼休みではありません」

微笑ましいトークでンフフ♪

ニ「先生が出てきたってことはぁ・・・」

相「先生が出てきたってことはぁ!?○×※★φ¥!!」

ニ「野球ですね!?」

会場ザワザワザワ・・・。

相「・・・やりたいけどやりません。なんでかって?・・・なんでかって訊いた?」

むぎゃ~っはっはっは~~!!

自分のノリを自分で崩す相葉ちゃんがすごい。

ニ「や訊いてないっす」

相「訊いてないですね」

ニ「ごめんなさい」

相「今回はですね、こちらです!」

と、モニターに映るのは・・・

”パクパクの授業”

相「はい!パクパク!パツカ、カツパフ・・・(笑)食にまつわる授業です」

何事もなかったかのように進めようとする相葉先生(笑

完全に噛んでました♪

そこでこの生徒はやっぱりツッコまずにはいられないようで、

ニ「なん・・・」

相「なんですか二宮くん!」

ニ「なんか今一瞬ピンクのにおいがしたんで」

相「そうですか(笑)」

松「なんかパフパフって」

ニ「パフパフつって」

相「大丈夫です!今日僕が教えたいのはですね、簡単ホイコーローです!」

ニ「ついに!」

相「これはね、今日おれオヤジを超える日がやってきたなと」

松「オヤジさん来てるんすか?」

相「来てないよ(笑)オヤジは今きっと家で鍋振ってるでしょうね。」

ニ「オヤジさんだって丸美屋ですもん」

サラッと言いました二宮くん。

相「まるみや?」

ニ「丸美屋ですもん」

相「まるみや?」

ニ「丸美屋って言ってるでしょ(笑)」

相「おぉ(笑)」(←やっと理解した様子

相「まるみやが悪いわけじゃない。オヤジはちゃんとやってます」

ニ「ちゃんとやってんすか?」

相「ちゃんとやってますぅ!」

ニ「そうなんだ、あんま見たことない」

相「こっちにみんな来てください。僕の厨房へ!」

セットに組まれていた厨房へ移動する嵐さん。

普通にテレビで見るような感じのセットでモニターを見ているとドームなのに、家でテレビを見ているようでした。

相葉ちゃんを見るようにして、左からニノ、大野くん、松づん、翔くんの並び。

ニ「そもそも回鍋肉って先生!」

相「なんですか?」

ニ「何が入ってんすか?」

相「回鍋肉ってちょっとね、みなさんに説明したい。ホイコーローって、回す鍋に肉って書くじゃないですか?」

翔「はい」

相「手間がかかるんです。普通に作ると。ひとつの鍋でいろんなことをしながら作っていかなきゃいけないんですけど、今回は簡単回鍋肉ということで、簡単に作れちゃいます。これみなさんメモってくださいね~。」

ニ「これメモりたいね~」

相「でしょ~?」

松「これ回鍋肉ができるわけでしょ?簡単に」

相「できます!」

大「よっしゃあ」

相「じゃまず、タレから作っていきましょうね。」

松「相葉くんなんか手伝いましょうか?」

相「手伝ってください!」

ニ「アシスタント」

相「給食係が。じゃスープとご飯よそってください。まずタレから作っていきます」

それさっきも言いなさった(笑

会場「笑」

相「なんですか?」

松「いやいや(笑)回鍋肉作らしてもらえるのかなって」

相「ちゃうちゃうダメ」

松「スープとご飯(笑)」

ニ「回鍋肉って中華料理ですよ」

相「中華料理です。行きます!」

ニ「発音は?聞きたい」

相「ホイ(↓)コー(↑)ロー(↓)」

ウケる!!

見事にカタコトな英語みたいになってる!!

松づんが何か言って、相葉ちゃんが「すいません!」って。

ニ「小龍包は?」

相「ショー(↓)ロン(↑)ポー(↓)」

ウケる!!

完全にさっきのホイコーローと一緒だし!!

ニ「全部一緒ですね」

相「(笑)なんですか?聞いて聞いて!テンメンジャン!テンメンジャン」

ニ「テンメンジャン言ってください」

相「テン(↓)メン(↑)ジャン!(↓)!!」(笑顔

さっきよりもだいぶ大袈裟に元気よく発音してくれました(爆笑

そしてやっと料理へ。

相葉ちゃんが自ら作ってます♪

相「酒小さじ2杯入れます。そして、砂糖2分の1」

ニ「何の?」

相「小さじ」

ウケる!!

分量すら正確に言えてない!!

なんてキュ~トなんだ相葉雅紀、今年で29歳!!

大野くんが笑ってニノが「なんなの?」とちょっとザワつく嵐さんと会場(笑

相「醤油、1!」

ニ「何の!?」

ループしてるし!!

相「あ!あぁすいません」

翔くんの控え目な笑い声にキュン。

相「かき混ぜます!ガーッとね!」

結局醤油の分量は言ってなかったと思います。

それかワタクシの耳がハイパー悪かったってことっす。

すいまそん、プサン(木更津キャッツアイ日本シリーズのユッケより

相「かき混ぜといたら、まずタレは置いておきましょう。次はガスコンロ。火点けます!火点いてるかな?焦げちゃうとよくないですからね!」

翔「そうすね」(小声超!

相「フライパンに油をしきます。そしてですね、塩コショウ片栗粉をしてある、もうすでにしてあります」(お肉

松「お肉にね。あらかじめしといたんすか?」

相「はい大丈夫です。これは豚肩ロースの一口大に切ったやつですね。こちらをですね、まず、入れていいのかな?いいでしょうね!入れます!」

もうニヤニヤが止まりませんよ。

あとちょっとハラハラも含まれてたかも?

「入れていいのかな?」って!

ニ「誰に確認してんの?先生のクッキングなんですよね?」

相「そうですよ先生の・・・これね、回鍋肉おいしいんですよ。(←ちゃんと発音できてます♪)今日初めて作ったんですけど最近」

松「え、初めて作ったんですか?」

相「初めて作ったんですけど、おいしかった~簡単にできてね~」

翔「おいしくできたんですね?」

相「おいしくできました、だからみなさんにも食べてほしいな~なんて」

食べたい・・・。

ニ「オヤジとどっちがうまかった?作るの」

相「・・・オヤジの食ったことねぇな」

ニ「おれも食ったことないな」

大「ないね」

翔「ないね!」

相「ありました?回鍋肉」

翔「そうね」

相「そしてですよ?片栗粉をまぶしておくと、余計な水分を吸ってくれて水っぽくならないってのがポイントなんです!」

翔・松「お~なるほど」

相「ピーマン!ネギを加える。」

大「ピーマン!」

ニ「ピーマン!」

翔「ネギ!ネギ!」

相「加える」

ニ「加えろ!」

ごめんなさいニノ・・・アタイの頭の中では完全に変換ミスって「咥えろ」だったんだけど(ド変態なんです

ネギ咥えるとか・・・(笑

だってニノの声がいけないんです~!

ってやっぱりワタクシの頭がおかしいんですかね、そうですね。

相「したら~?ニンニク小さじ1!」

松「ニンニク小さじ1?あ、みじん切りをね」

相「みじん切りをね!生姜小さじ1入れまして~。オーケイちょっと、あちぃ~(汗)そしたらね」

松「すごいすね。今日の回鍋肉みんなすげぇ真剣に聞いてますよ」

会場がシーンと静まり返っていたんです。

まさにみんな勉強熱心な生徒さん!

相「(笑)そしたら~キャベツね!これ一回ねアレなんすよ!チンしたヤツなんすよ!こうすると味が絡みやすいそうなんでチンしといてください、あらかじめ」

ニ「先生ポイントはどこなんですか?」

相「キャベツをチンする!」

会場「笑」

そして大宮をガン見する相葉ちゃん。

嵐「・・・・・」

大「はははっ!!」

ニ「なんでおれ見るんですかおれメモってないですよ別に」

大「おれすごい目合った」

ニ「はははっ!ここポイントだよって言ってあげないと」

フライパン使いが結構上手かったです相葉先生♪

相「はいすいませんでした。最後にね、最初に作ったタレを入れます、そして30秒くらい混ぜるとイイ匂い♪」

翔「ね!!おいしそう」

ここでやっと翔くんがしゃべる気になってくれて(笑

食べたい気持ちの我慢が頂点に近づいてきたんでしょうな♪

松「相葉さんよそってください」

お皿に盛る相葉先生。

おいしそう~!!

嵐「おぃ~~~♪」

↑テンションが上がってます。

松「うまそう!」

相「うまそうにできたぁ!!」

大「うまそう♪」

ニ「うまそう!」

相「はいできたできた!完成完成!できたぁ!超うまそうにできた♪やった~♪」

会場からは拍手の嵐!

ニ「食っちゃっていい?」

翔「ちょっと・・・」(←翔くんじゃなかったかもしれません・・・

ニ「丁度お昼だよね」

そうなんです。

11:00の回、12時半過ぎだったので頃合いでした。

翔「これでも今晩は~、多くの家庭で回鍋肉になるんじゃないですか?」

相「なってくれるとうれしいですね~」

ニ「相葉氏ん家も、回鍋肉でしょうな!今晩は」

相「今晩は。そうでしょうねぇ。」

大「キャベツをチンする」

相「そうですよポイントですから」

今ここでおさらい!?(笑

ここで翔くんが「キャベチンね」と発しまして、「キャベチン」「キャベチン」と嵐さんが連呼してました(笑

相「オーケイ?じゃみんな着席して~♪」

ニ「は~い。あ!おいしそう!」

翔「食べよう食べようぜ~い!」

どこだったか忘れてしまったんですが、翔くんが「智くんのそれ!」と言って大野くんのお皿を指示していたような(笑

大宮・翔松が隣同士でニノ翔・大松がテーブルを挟んで向かい合わせになった感じで着席。

相「手と手を合わせて♪」

4名様「南~無~」

相「ちが~~う!!」

むぎゃ~っはっはっは~~!!

相葉先生が保母さんみたいだったり、4名様が小学生みたいだったり、も~カワゆいやりとりにウケる!!

「南~無~」の声が揃いすぎ!!

ニ「だって南~無~世代なんだからしょうがないですよ」

相「お仏壇の♪」

嵐「長谷川♪」

なにそれ!?

ワタクシこれまったく知りませんでした。

ニ「それ世代ですもんね」

翔「条件反射だよ手と手合わせて言われたらなぁ」

この翔くんが口尖らせた坊やみたいな口調でとってもキュ~トだったんですの♪

相「だって今日・・・」(ゴニョゴニョして聞こえなかった・・・

翔「言ってくれれば」

相「お墓じゃない!OK?」

翔「まぁ」

相「”いただきます”おいしくいただいてください」

翔「はい」

相「はい手と手を合わせて?」

嵐「いただきま~す」

相「召し上がれ~♪」

モグモグモグ・・・。

相「不味い?」

翔「あぁスープうまぁ!!」

相「スープじゃなくて回鍋肉おいしいとか(汗)」

松「あぁ!回鍋肉うまいよ!」

相「うまいでしょ!?あぁ~よかったぁ」

翔「どれどれ~?」

相「どう?」

翔「あぁ~お~アチッ!!」

相「熱い?」

ニ「お店みたい」

相「お店みたいな味する!?」

ニ「うまい!」

松「うまい!」

相「ほんと!?うれしい・・・」

翔「うまい~~(↑)!!」

って相葉ちゃんとハイタッチ♪

相「うれしい!!料理上手いんだうれしい!」

会場拍手!

相「ポイントはキャベツをチンしとくとか片栗粉を肉にまぶすとかそうすることで水分が出なくなるらしいから水っぽくならなくておいしい」

翔「うまい~(↑)」

相「おいしい!?うれしいね、おれもうれしい!けどね!みんなね、この豚肉が、ここの食卓にどんな気持ちで上がってきてるかあなたたちはわかってないんだな!」

”どんな気持ち”て!!

相「ね!わかってないでしょ!?ね!今おいしいもの食べてるけども、どういうツールでここに来ているのか」

会場ザワザワザワ・・・。

松「すいません相葉さん・・・どういう”ツール”で?”ルート”?」

相「どういうルートでね!」

言いなおしました(笑

ニノが何かを言おうとしたんですが、その口を手でふさぐ相葉先生!!

相「うるさい。わかりましたか?」

ニ「はい」

相「はい。どういうルートできてるのかわかってないんだから、みんなに勉強してもらいたいと思って。食べてるのもいいけどね!見てほしいものがあるんですよ。ブタさんのところに行ってきましたんで」

松「おお」

相「ぜひ!見てください!」

翔「はい!」

相「みなさん一緒に見てください!お願いします!VTR!ブヒ★」

この「ブヒ★」は、右手人差し指で鼻を押し上げ、目は上を向いている状態でのブヒです(笑

そしてモニター映像へ。

このVTRが流れている間に、教室のセットが回転していました。

むぎゃ~~!!

うれしい、うれしい、うれC!C!!

次はきっとシャクライ先生(ヨダレで上手く発音できない・・・)の授業だろうから、授業中に見る先生はモニター以外、「後ろ姿か~」って思っていたんです。

でも思いっきり顔がバッチリ見える状態にまで180度回転してくださったもんだからびっくらこいちゃって。

みんなが均等に見えるようにって言う配慮なんでしょうね。

とってもうれしかった~!!

相葉ちゃんが北海道の帯広にいました。

ナレーションはすべて相葉ちゃんの声です。

相「やって参りました帯広十勝!十勝帯広?どっちだ?に、やって参りました!」

う~ん、十勝帯広かな(たぶん(笑

普段食べている豚がどのように育てられているのか調査!

牧場(平林さん)にやってきた相葉ちゃん。

汚れてしまった藁を新しい藁に換える作業を手伝う相葉ちゃん。

相「朝何時からやってるんですか?」

など、会話を混ぜながら。

二日前に生まれたブタの赤ちゃんがいるということで見せてもらうことに。

まるで志村ZOO・・・。

母豚と一緒にいる子豚ちゃんを、見つめる相葉ちゃん。

相「ちっちゃ!!」

相「抱っこしちゃう?」

平林さん「抱っこしていいよ」

そして赤ちゃんを抱いてみた相葉ちゃん。

でもその赤ちゃんが嫌がる嫌がる!!

お母さんも「キーーキーー!!」と怒っている様子。

すぐに赤ちゃんを戻してあげる相葉ちゃん。

動物も親子は親子ですな。

ナレーションでも「人間も豚も母親の愛情は一緒」と言ってました。

平「出荷しよう出荷」

と。

平「最後には出荷しなくちゃならない。それが仕事だから」

と。

相「了解」

愛情持って育ててきて、でも最終的には人が食べるから・・・わかってることではありますが、その瞬間、一気に空気が変わったような気がしました。

そして相葉ちゃんに渡されたのは赤いスプレー缶。

スプレーで○印をつけられた豚が出荷されるのです。

そして相葉ちゃんがそのスプレーで10頭選んでほしいと言われました。

ナレーション「責任重大です」

相「いや~複雑だな~」

ナレーション「○をつけられたら今日までの命だというのにも関わらず、懐いてくる豚もいるんです」

そして1頭目・・・。

相「・・・おぉ~!」

この時の相葉ちゃん、スプレーをした瞬間すぐに伸ばした腕を引っ込めるんです。

そんな姿にちょっと切なくなりました。

相「逆にできないよ・・・」

平「やらないとダメだよ」

相「はいやります」

そして10頭全てに印をつけた相葉ちゃん。

相「おいしく食べてもらうんだぞ~。終わりました!」

すごくキリッとしたお顔になってました、「終わりました!」の相葉ちゃん。

そしてトラックに載せます。

もう戻ってこれないことがわかるのか、逃げようとする豚もいるんだそうです。

確かに苦戦している様子でした。

相「平林さん今、どんな気持ちで見送ったんですか?」

平林さんは「僕らのための肉になるまでは幸せでいてほしい。食べてくれる人にはおいしいって食べてほしい」と。

VTRが終わり・・・

相「はい。さっき作った回鍋肉の豚なんですが、この牧場で僕が印をつけた10頭の内の1頭のお肉をもらってきて回鍋肉にしました。」

嵐「・・・」

黙りすぎて翔くんと松づんが何か声を出したんですが、見事にカブっちゃってスルー。

相「○つけたやつを食べていただきました。これを、ま、究極知らないでもご飯食べていけるとは思いますが、こういうふに豚が、つけるんだよっていうのを知って食べるのと知らないで食べるのとでは先生大きく違うと思いますね」

翔「そうですね」

相「今回僕たちは食べるって何だ?っていうのをいろいろ考えてきました。僕たちは今当たり前のようにご飯を食べていますが、それが当たり前で無くなる日がすぐそこまできているのをご存知ですか?世界の人口は増え続けています。今のペースで人口が増加していくと2050年には90億人になり、なんと食料の生産量が追いつかなくなり、すべての人に行き渡らなくなるんだそうです。どうすればいいのか?専門家によると、解決する方法があるそうです。ご存知ですか?みなさんにここで質問します。ここ一週間で、一度でもご飯を残してしまったっていう人。手を挙げてください。」

会場、手がポツポツ挙がります。

実はワタクシもお弁当残しちゃったりしてたので、その中で挙げてた一人でした。

相「ありがとうございます。食量不足を解消する方法、簡単にできるんです。ご飯を残さず食べる。そうすればいいんだそうです。日本では年間1900万トンもの残飯が廃棄されています。それが胃袋に収まれば、食糧不足は回避できるんです。当たり前のことが大事なんですね。ではどうすれば残さなくなるのか。おいしいものを食べるのではなく、食べ物を美味しく食べることです。どんなものも工夫するだけでおいしくたべられるんです。お腹がすいてから食べるとか冷めないうちに食べるとか、大切な人と食べるとかそれだけのことでいつもよりおいしく感じられるんじゃないでしょうか。平林さんのような情熱溢れる生産者の方々を思い出しながら、僕たちの胃袋を支えてくれる動物たちに感謝をしながら食べるのも一つの手かもしれません。僕は食べるということのありがたさに気付かされました。食材への感謝、食材を作ったりとったりしてくれる人への感謝、そして僕たちにご飯を作ってくれるお母さん。感謝をこめて、ごちそうさまでしたのあとに、こう付け加えようと思います。”ありがとう”・・・みなさんもこんな気持ちでこれからはご飯を美味しくありがたくいただきましょう。これでパクパクの授業終わりにします、どうもありがとうございました!!」

拍手の嵐~!!

モニターには『ごちそうさま ありがとう 相葉雅紀』と。

相葉先生、勉強になりました。

ずいぶん昔からわかってはいることだったけど、あらためてっていうのが胸にジ~ンときましたね・・・。

はじめはあんなに楽しいクッキング♪だったのが、とても現実的で真剣で・・・みんなが思わずギュッと胸の前で手を握り締めてしまうような内容に。

食べ物をおいしく食べる・・・か・・・。

そうに違いな~い!!

嵐さんにおいしく食べてもらって良かったですねブタさん!

相葉ちゃんらしい授業でためになりました。

まさに日常の中で発見できた日々是気付ですね。

相「次の授業はこちらです!」

誰~~~!?




・・・続く。





続きに前記事にてコメントをくださったKさんにお返事しておりますので、よろしくです。

そして拍手してくださる方、うれしいです!

ありがとうございます!





Kさんへ。

初めまして!
ようこそ嵐さんと翔くんにデヘ~♪なブログへ!
いつも来てくださっているということでありがとうございます♪

コンサート全公演落選の方々がたくさんいらっしゃいますよね。
ワタクシもメールを見た時ショックで、気付けばそれまでipodでノリノリで聴いていたアルバムを停止して、耳からイヤホンを外していました。
今はもうだいぶ平気ですが・・・。

実は職場旅行が9月2日、3日になりそうだというのを聞いて「私その日行けません」なんて断ってしまいました。
まぁ、あるかもわからない奇跡を信じてるんですよね。
諦めが悪いのは昔からです。

とりあえず休みは取ってるのでそのまま空けておこうと思っています。
どうにかして一年に一度はみんなが嵐さんに会えるようにはならないのか・・・う~む。

次こそはKさんに幸せのチケットが握り締められますように!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

youri

Author:youri
趣味:木更津キャッツアイとジャニーズアイドルグループの嵐さんを愛で倒してデヘデヘすること

俳優、綾野剛くんにキュンキュンしてます。

ぜひ年齢性別関係なく仲良くしてください♪

リンクやコメント大歓迎!

天性のファニーフェイスな翔くんに、常にやっさいもっさいしてます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの輪
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。