スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐のワクワク学校~パチパチ編~

松づんが久しぶりに舞台主役!

おめでとう~ございます!!

秋が妙にポッカリと空いているもんだからなにかやってくれるんじゃないかとビクビクしていたらそういうことだったのですね。

第一弾(さいたま?)の千秋楽にワタクシびっくらこいちゃって。

アタイの誕生日やないか~っ!と。

どうしよう・・・行きたい・・・。

でも日曜日だから休みとらなアカン・・・。

舞台観てみたい・・・。

ボクサーな松づんを愛でたい・・・。

まだチケットを取れるかどうかもわからないのにこんな状態でヒィ~ヒィ~です(いつもです

そんな松づん。

3月末から体を鍛えているんですね!

そう言われてみれば腕がたくましくなってきたな~白いのに(笑)って思っていたんですよね~。

絶対翔くんよりも太いですよね。

それからというもの、Mステ『まだ見ぬ世界へ』をハードリピしているとなぜか松づんに目がいっちゃってどうしようもナッシィング。

なんでなん・・・最近松づんにときめきまくりでYabai-Yabai-Yabai・・・。

どうも!youriです。

はやく書ききってしまえ!!な、嵐のワクワク学校の続きです。

もう一カ月が経とうとしているのにこの有様はなんぞ!?

くっそ~~!

眠らないカラダが欲しい!

モニターに映る白衣の左胸の校章は赤に変わりまして。

それすなわち4時間目の先生・・・それは・・・。

シャクライせんせ~~~!!!(ヨダレで「櫻井」が発音できません

先生が変わる時に必ず映るモニターのカシャッカシャッカシャッで切り替わるシャクライ先生のお写真がこの上なく麗しい!!

指さしポーズあり、綺麗な立ち姿あり、微笑みありでこのやろ~~っ!!

おみゃーは罰としてグラウンド10週!!

教壇に立ったシャクライ先生。

翔「櫻井先生、相葉先生の授業感動しちゃったな」(←たぶん”授業”とは言っていないのですが聞き取れなかったです・・・第一声から聞こえないだなんて(涙

相「ありがとうございます!」

翔「とても良かったですよ?相葉せんせ♪」

この「せんせ♪」が「♪」なんて付けてみましたけど、やたらセクシィ~な「フフン♪」て声が聞こえてきそうな感じの色っぽい声だったんですよね~!!

シャクライ先生は保健室の先生を差し置いてお色気担当だったのか・・・!(違

翔「みなさん相葉さんに拍手を!」

会場、拍手。

相「ありがとうございます!」

翔「さぁ、45,000人がパチパチすごいパワーとなります。ワタクシが担当するのはこちらの授業です。(モニターに”パチパチの授業”と出て)パチパチの授業~。え、みなさんパチパチにはどんな意味があるでしょうか?いつもなんとな~くパチパチしているかもしれませんが、このパチパチにはなにかを”すごいね”と褒めて称えるという意味合いがあります。みなさんここに来るまでに、なにかに、誰かに、パチパチしたでしょうか?水道橋駅降りて、東京ドームまでの間、何気なく歩いてきたかと思います。でもその途中途中にすごいものが隠されていたんです。それを、ある方が、行ってきました。」

ここでちょっとシーンとなるんです。

何かあるんだな、と・・・。

ワタクシはレポやらなにやらを一切見ずにこの授業を受けていたのでニヤニヤしておりましたが何か?

松「櫻井先生ですか?」

翔「・・・」

ニ「先生!」

会場「笑」

ニ「先生こうなってくるとね、あの~僕らは先生だって認識をしているんだけれども~。先生だけなんだぁ。これ認識してないの」

翔「・・・」

相「先生」

ニ「先生」

相「時が止まってるよ?」

翔「ある方なんだ♪」

くっそ~~!!

発音がめちゃくちゃカワゆい!

さっきまでのシーンとした空気をものともせずにハキハキした声で「ある方なんだ♪」って、も~~っ!!

笑顔で45,000人プラス4人を相手に一人で笑顔をかまし続けるシャクライ先生の心の強さ、しかとこの目に焼き付けました。

ニ「じゃある方として、僕らも見た方がいいんですかね?」

相「先生じゃないってこと?」

翔「入口はそういう形でお届けしたい」

ウケる!!

松「入口は?」

ニ「出口は?」

むぎゃ~っはっはっは~~!!

二宮くん怖い!

ニ「出口はまだわかんないですよね?」

翔「今僕としてはある方というスタンスでいきたい。でも5分後に私がどういうスタンスになっているのかっていうのは確約できない、参りましょうVTRご覧ください、どうぞ!」

話す隙間を与えないような早口でこれですよ!?

完全に自分がその”ある方”だっていうのをバラしてました(笑

モニターに東京ドーム前の水道橋駅が映ります。

もう一度書きます。

水道橋駅です。

?「どれどれどれどれぇ~!?」

突如カメラの前を白い髪の毛の、鼻が尋常じゃないくらいに大きな人が右から左へ横切ります。

会場「え~っ!?」

ですよ。

完全に声は翔くんなもんで。

そしてカメラの前に立ったのは・・・

翔「どうも!櫻井博士です」

完全にお茶の水博士を模した格好でお出ましです。

鼻がまたアニメのようにでかっ!

かつての大野博士か櫻井博士かっ!?ってな勢い。

普通に日中で、人は歩いております。

その中でスーパーアイドル嵐の櫻井翔がお茶の水博士の格好をして一人ロケを・・・!!

シュール・・・!

翔「え!?鉄腕アトムの、お茶の水博士に、似てます!?いや、だってぇ!ご覧くださいこちら!(と言って、駅名の看板を指す)」

テロップ『お茶の水ではない』

・・・ですよね~。

翔「ここお茶の水じゃないの?っうん!!(←咳払い)」

テロップ『お遊び終了』

・・・ですよね~。

翔「今日はですね!実はこの水道橋駅から東京ドームまで歩いてきたという方も多いと思います。その途中途中に、この街並のどこかにたくさんの、”すごい”が隠されているんですよ。この”すごい”をたくさん知ると、またみなさんにも街が違って見えるんではないかと思うわけなんですね!それを一緒に見ていきましょう!参ろうぞ!」

そして横断歩道を渡る博士。

翔「(すごいが)あ~あるあるあるある!あ~恥ずかしい恥ずかしい(笑)」

ウケる!!

BGMには鉄腕アトムの主題歌が(笑

信号機の下に立つ博士。

翔「お~ほらほらほらほら!あの信号機、日差しが付いているのはもちろん皆さんご存知ですよね?あれは信号機のライトが汚れないようにするためなんです。でもぉ、実はそれだけじゃないんですよ。あの信号機、小さいエリディーライトが・・・」

博士、噛みました(笑

編集されずにそのまま進んでいきます(笑

翔「(仕切り直して・・・)あの信号機!小さいLEDライトが付いてたのが集まってできてるんですが、実はそのひとつひとつにも日差しが付いているんです」

なんと!!

モニターに映ったツブツブのLEDライトに日差しが付いてました!

ちっさ過ぎて知らなかった~!!

翔「それは日差しを付けることによって、直接日光が当たっても、照明が見やすくなるようになってるんです。素晴らしい~~~!!!フフフ♪」

いきなり叫び出した博士にまわりの人はびっくりしなかったんだろうか・・・!

翔「はいパチパチ!」

会場がパチパチすると、モニターにはその音量の数値が。

128ホーンでした。

ニ「すげぇ~」

翔「128!」

相「すごい」

翔「さぁ今のようにですね、128ホーンとなりましたけれども、このようにVTR見ていただいて、すごいと思ったときにパチパチしていただきます。それでこの数字を計っていこうと。水道橋駅から東京ドームまでの間、まだまだすごいことが隠されています。というわけで続いてのVTRご覧ください、どうぞ!」





流れるはやっぱり鉄腕アトムの主題歌。

博士登場。

翔「おっ!ありましたありました!ヤッホーヤッホーマンホーヤッホー♪」

一般的なマンホールに向かってヌーブラヤッホー的な感じに切り出す博士に脱帽です。

いっそ懐かしい。

翔「気付きませんか?こちら、小さな穴が開いています。この穴、なんで開いているか、わかるかな!?」

この「わかるかな!?」の言い方と表情があまりにも猪木さんだった・・・。

しかも一緒に付け鼻がポロッと取れちゃって(笑

翔「大雨で下水管に水が大量に入り込んできたときに管内の空気圧が上がって、マンホールの蓋が飛び上がるのを防ぐためにある小さな穴なんです!ど~お?どうなの!?すごいでしょ!!?」

眉をひそめてアップで会場に問い詰める博士にキュン。

翔「はいパチパチ!」

パチパチ数値を計っている間、モニターに映るVTRの博士はやたら動きます。

何パターンあるんだ・・・。

また鼻が取れたし!

ジッとしてられないのか!!






路上の黒っぽい箱・・・の前に立つ博士。

翔「見えますかこちら!ほら!すごいでしょこれ!アレレレレわからないようですね、あれ取れちゃった!!」

付け鼻がまた取れました。

翔「取れちゃったぁ~もうこのまま行きますぅ~。この、イボイボ!なんのためにあるかわかりますか?わかりますか!?”わからな~い”(←一人芝居)はいはいはいわからないようですねぇ、実はこちらのイボイボ、これポスターやチラシなどが貼られても、清掃員の方が簡単にはがせるようにイボイボが付いているんですね~。ど~お?すごいでしょ!?あれ取れちゃった!」

また付け鼻が取れた!!

いい加減にしろっ!!

鼻が取れたら完全にお茶の水博士じゃなくて櫻井翔になっちゃうんだから!!

てっぺんハゲの両サイドが綿あめ状態のヅラ付けた櫻井翔になっちゃうんだから!!

そして拍手採点中に両手で鼻を付ける博士がキュ~ト極まりない♪

漫画の女の子が「キャッ★」みたいな、鼻と口を両手で押さえるあの感じです・・・っておわかりいただけますでしょうかね?(笑

翔「鼻イテェ!」

と言って、結局取れた鼻を地面に置き去りにしたまま歩いていく博士(笑

流れるは「てつわ~ん~あと~む~♪」。

ちょいちょい節目節目でこの部分だけが流れてました。






すでに鼻は取れている状態で東京ドームの前に立つ櫻井博士。

翔「東京ドームまでやってきました~。東京ドーム!調子はどう!?Yeah!調子はどう東京ドーム!Yeah!○★※§・・・も~わかんない!!わかんないのも~!」

テロップに『前日の睡眠時間3時間』とな。

お疲れ様です!

そして場所は変わって東京ドームにあるカフェのイスに座る博士。

翔「あどうも博士です~。休憩しているわけではないです。ちょっとご覧ください」

レモンを出す翔くん。

翔「これ普通に育てると、こちら通常のレモン(丸ごと1個)ですがこんな大きくなります。普通に入れると、ティーカップに入らないサイズになります。」

?「間違いない」(大野くんだったかもしれません

翔「そしてこちらにはティーカップに丁度入るレモンティーのレモンが。このレモンが実はこちら(レモンティーに入っているレモン)なんです。つまり、丁度ティーカップに入るサイズの時に収穫されているのです!!!どうですか!?」

会場パチパチ!!

レモンときたらやっぱりオカレモ・・・じゃなくてザテレビジョン♪

まさに櫻井博士が一人で表紙を飾っているかのようでした・・・♪

って言いすぎかしら?






昼間のドームのスタンドに座る博士。

翔「きたきたきたきた~♪ヤッホ~~~!!!おいおいおいおい~!!今のボークだろおい!どうなってんだしんぱ~ん。あれだぁ!相葉と二宮チェンジ!・・・さぁ最後は東京ドーム。あの屋根。面積2万8592平方メートルなんです、つまりサッカー場4面分もの広さがあるんです。誕生から23年の間、1度しか掃除をしたことがないんです。汚れにくい素材を使っているので、掃除をしなくても大丈夫というようにできているんです。その1度はなんと30人の作業員の方が1日8時間掃除をして、1か月もかかったそうなんです。これを毎回やっていたら洗剤も人も大変なことになります。素材を工夫することで、こんなにも地球にやさしいんですね・・・。(息を吸って)すごいぞ東京ドーム!!」

会場パチパチ!!(90ホーン






翔「はいありがとうございました。さぁ、というわけでいろいろご覧いただきましたけども。二宮くん?」

ニ「はい!」

翔「どうでした?ご覧になって」

ニ「あの~、ヤッホーヤッホー、マンホールヤッホー」

会場「笑」

ニ「が、一番気にはなったんです」

翔「あれはね、ヤッホーヤッホーヌーブラヤッホーのオマージュなんだけども」

やっぱり!!

翔「ものの見事にスベりました」

ウケる!!

翔「現場での評価は抜群に高かったんですがぁ」

松「高かったの?」

ニ「高かったんですね」

相「その後にさぁ、わかるかな!?って猪木あったじゃないすか?」

ニ「はいはい」

相「鼻で全然顎が見えてなかった」

相葉ちゃん、そこ!?

翔「あ~なるほど」

相「あれは現場では?」

翔「あの、異常に評判が良かったです」

”非常に”じゃなくて”異常に”だったことにびっくらこきました。

嵐「評判はいいんだねぇ~」

櫻井博士の妙な言動にはやたらツッコむのに、他のことにはまったく関心を示さない嵐さんがドSだな~。

翔「レモンのやつもすごかった」

相「すごかった」

ニ「あんなにおっきくなるの?」

松「おれらがスーパーで買うレモンとかはあんなにでかくないじゃないすか」

翔「はいはい」

松「全部のレモンを育てて入る瞬間(タイミング)にされてるってことですか?」

翔「ていうタイミングで収穫してる」

嵐「へぇ~」

ニ「ティーカップに入る相場、サイズってことでしょ?」

翔「そうそう」

相「ビタミンCも変わってくるかもね。若いうちの方がいいとかさ」

翔「あぁ~より酸っぱいってこと?」

ニ「あるのかな~?」

大「ね」

かろうじて聞こえた大野くんの久しぶりの声が「ね」って・・・。

翔「ちょっとね、意外なものがいろいろあったと思いますけども、ちょっと歩くだけでこんなに褒めるところがたくさん隠されているものなんです。つい人の挙げ足を取ってしまったり、悪いところばっかり指摘してしまいがちです。でも褒めるところを見つけるようにして、毎日を生きていくといろんなものが発見できるっていうことがおわかりになったと思います。この会場にもまだまだ褒めるところがあると思います。今日会場に警備員の方が700名!700人もいるんです。会場に来られた皆さんを見守ってくれています。というわけで警備員のみなさんにパチパチ!」

会場も嵐さんもパチパチしました。

なんだかいいですな~こういうの。

普段はしないけど、思ってはいるけど伝えられないありがとうをこんな形でさせてもらえるとは思っていませんでした。

直接伝えるのも、う~ん恥ずかしい・・・って感じですからね~。

各会場の警備員の方々ありがとうございます!

嵐「ありがとうございます!」

翔「さぁそしてそして今日はぁ?そうね、松本くんのビリビリの授業」

松「はい」

翔「あれ電源切る時さ、一斉にみんなが静かになったのってすごいですよね」

松「すごいですね」

翔「みんなが声出すことはあってもさ、みんなが一斉に静かになることってなかなかなくて、ほんとにみんなが一斉に静かにしていただきました。というわけでみなさんにパチパチ!」

嵐・会場パチパチ!

翔「さぁということで大野さん」

大「はいっ」

翔「大野さんにもパチパチしちゃおうかな?」

大「おっ」(ちょっとうれしそう♪

翔「やっぱり今日、最初に水鉄砲で濡れているのに、全然そんところをものともせずに、冷たさを感じさせ、させない」

会場「笑」

シャクライ先生噛んじゃいました~。

せっかくいいところだったのにな~♪

カワゆいったらありゃしない。

翔「今までの時間でした、大野さん、すごい!パチパチ!」

会場笑いつつもパチパチ♪

そして褒められた大野くんは立ちあがってジーパンの濡れた所を見せびらかすようにしてどや顔(笑

ちょっと!

そんなに股間を強調するな!

腹筋が割れるだろっ!!

すでに乾いているようでした。

翔「褒めるところはたくさん隠されているんです。褒めると世の中が変わるという物の中にこんな例があります。首都高の事故を減らそうと、ドライバーを”~(←ここを翔くんは「何々」と言ってました)するな””~禁止”と取り締まるのではなく、褒めて事故を減らそうという活動をご存知でしょうか?いい運転をしているドライバーを褒めるパトカー、”褒めパト”を走らせたり、素晴らしいドライバーを見たら、その運転を褒めるメール、”褒メール”など、褒めて事故を減らそうという運動なんです。その動きに共感したのが2009年交通事故の死亡者数227人5年連続で全国ワースト1位だった愛知県。これ以上悲劇を繰り返さないために住民、民間団体がドライバー一人一人に褒めるというキャンペーンを始めました。誰かに褒められたらもちろんうれしくなります。その結果愛知県の事故による死亡者数は197人に減り、5年連続ワースト1位を脱出するんです。5年前は350名を超える死者数が150名以上も死亡者数が減ったことになるんです。褒めることをきっかけに大きなうねりができてこういう結果になった。褒めるということはすごいですね!なんとなく過ぎていく街並みや何気なく過ごしている日常、すべて誰かのために地球のためにというたくさんの人の思いが重なり、それが形となって実現しているんです。何気ないものからすぐ隣にいる人まですべてをパチパチしようと過ごすと、世の中は、キラキラと輝き始めます。褒められた方もうれしくなり、褒めた自分もうれしくなる。それがパチパチなんです。パチパチをする大切さ、わかっていただけたでしょうか?みなさん、もう一回パチパチしてみましょうパチパチ!」

会場パチパチ!

翔「そして今日僕たちメンバーからもパチパチを送りたい人がいます。それは、この会場に集まってくれたみなさんです。みんなにありがとうの思いを込めて僕たち5人からパチパチを送りたいと思います。嵐!パチパチ!」

嵐さんだけでパチパチ。

この広い東京ドームで、たった5人だけのパチパチが響き渡りました。

マイクがあったので生音ではなかったですけれど、四方八方に向かって立ちあがってパチパチする嵐さんにキュンとしました。

翔「ありがとうございます。」

と、シャクライ先生が言ってもなかなか鳴りやまない拍手に会場笑。

両手をちょっと上に挙げてシュッと握って音楽を止める仕草ありますよね?

あれを2回やって止まりました(たぶん

翔「(半笑いで)ありがとうございます。では最後にこれだけは覚えて帰ってください。いつも心に・・・パチパチを」

モニターに黒板が映り、『いつも心に パチパチを 翔』と。

真面目な話のはずなのになぜか会場から笑いが起こるんですよね~(笑

やっぱり翔くんの人柄なんでしょうな。

翔「これでパチパチの授業を終わります。ありがとうございました」

会場、拍手!!

そしてみんなに拍手をもとめるシャクライ先生がお茶目♪

1~3時限目まで、なにかしら動きがある授業だったものですから、シャクライ先生のVTRだらけな授業が逆に新鮮でした。

まるで道徳の授業を受けているかのような雰囲気だったのです。

でもただ真面目なだけはなく、途中途中で笑いを仕込んでいたり、スベる姿はまさに翔くんで。

教科書を読むときの伏し目睫毛のフサフサ感や、クリックリな瞳、「ど~お?すごいでしょ!?」で全開だったハの字眉、相葉ちゃんを褒めるときの慈愛に満ちた笑顔・・・。

その無限なまでのシャクライ先生の魅力にやっさいもっさ~~~い!!!

そんな翔くんにワタクシはパチパチしたい・・・!!

そして嵐さんにも日ごろの感謝をこめてパチパチさせて~!

パチパチパチパチパチパチパチ・・・・・・・

・・・はい、満足です。

翔「さぁ続いての授業はこちらの先生です!」

誰~~!?

ってもうわかっちゃいますよね♪




続く・・・。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

youri

Author:youri
趣味:木更津キャッツアイとジャニーズアイドルグループの嵐さんを愛で倒してデヘデヘすること

俳優、綾野剛くんにキュンキュンしてます。

ぜひ年齢性別関係なく仲良くしてください♪

リンクやコメント大歓迎!

天性のファニーフェイスな翔くんに、常にやっさいもっさいしてます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの輪
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。