スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beautiful World へ③

出勤前、帰宅後、TimeコンサートのDVDを見ておりました。

しかも同じ曲ばっかり。

『Everybody前進』と『Yes?No?』でございやす。

実はコンサート中、この2曲を聴いてからというもの、どうしても見たくって見たくって。

やっぱりスキですわ~♪

ほんでもって『時代』と『Cry for you』も見ちゃう♪

どうも!youriです。

Beautiful World コンサート in 札幌(2日目)の感想続きです。

ザッとMCのみでお送りいたします。

★MC

『Happiness』が終わって・・・。

翔「イエイ!イエ~イ!イ~エ~イ!札幌のみなさん、改めましてこんにちは!僕たちが嵐で~す!」

嵐「こんにちは!よろしくお願いします!」

ニ「ようこそようこそ」

翔「いや~楽しいっすね!」

ニ「楽しいよ!」

松「絶好調だね」

翔「そうだね(笑)絶好調超だね!」

翔「ここさやっぱ昼間と違って夜寒いよね」

相「はい」

翔「こんだけ汗かくってなかなか無いんじゃない?」

ニ「そうだね」

翔「札幌見渡しても、ここだけじゃない?」

ニ「フフフフッ♪」

翔「思いのほか・・・サラサラって(苦笑)」

ニ「ハハハハ♪」

松「まぁあれじゃない?」

会場静かになり・・・

松「北海道だけでも、ここだけじゃない?」

やたらエロくさいんですよね~(失礼

会場「きゃ~~!!」

嵐「全然違う」

翔「おれん時と違う!」

ニ「フフフ♪」

相「でもさ~、札幌」

ここでニノが相葉ちゃんの声を自分の声で被せてきちゃいます♪

相「ちょっとお前!」

と、ニノに詰め寄る相葉ちゃんにンフフ♪

相「でもさ~とりあえずみんなに座っていただこうよ」

珍しい相葉ちゃんの号令で座る事に~。

嵐「そうだね」

翔「お話の方させていただくので、座ってちょ~だい♪おねがいしま~す」

カワゆいな!!

松「いや~相葉さん楽しいですね」

相「楽しいっすね」

松「相葉さんHappinessの時サビどうしたんすか?猛ダッシュで俺の後ろ通り過ぎてった」

ニ「”走り出せ”でずっと前走りだしてましたからね。あれなんなんすか?」

相「あそこ(さっきのメインステのはしゃいでた位置)から~サビまでに戻ってくるって言う僕のノルマがあるんですけれども」

ニ「そうですね」

相「それもBメロ辺りの、”ドゥ・ドゥドゥン♪「イエー!」””ドゥ・ドゥドゥン♪「イエー!」”をジュニアと一緒にやってたの」

ニ「(食い気味に)相葉さん!Bメロの”ドゥ・ドゥドゥン♪「イエー!」”っていうのは?」

相「”ドゥ・ドゥドゥン♪「イエー!」”」

懲りずにまだ再現する相葉ちゃんがカワゆい♪

ニ「”ドゥ・ドゥドゥン♪”ってなんすか?」

相「Bメロ!」

ニ「相葉さんの中ではBメロなんだ」

相「うん、それやってたら、ジュニアに、相葉さん!行かないと!って」

相「で、パッて見たらみんなスタンバッてんですよ。でも!すごいね!おれものすごいスピードで走れた今日」

ニ「間違いないね」

翔「おれも!実はBメロちょっと”ドゥ・ドゥドゥン♪「イエー!」”盛り上がってたの。あっちとあっちで”ドゥ・ドゥドゥン♪「イエー!」”やってたの。でも途中気付いたの。やべぇ、間に合わねぇんじゃねぇかって。ファンのあちらにいるおきゃくさんわかってたよね!?櫻井この調子だと間に合わねーぞみたいな。で、これはマズイと。」

ニ「うん」

翔「現地集合間に合わないと」

ニ「遅れちゃうよと」

翔「で、パッて見たらまだまだ遥か彼方にいるから~」

ウケる!!

翔「お前大丈夫かってよく間に合ったな~って」

相「こう走ってきて、全力で”走り出せ~♪”」

ニ「全力で走る(笑)だからBメロの”ドゥ・ドゥドゥン♪”やめてくださいよ!」

相「次から気をつけますんで!」

ニ「リーダーとずっと2人で指してたもんね」

大「そう」

ニ「あれ間に合わない」

大「あれ間に合わない」

ゆび指すだけでほっとき実験な2人にンフフ♪

ニ「まいいや、つって」

翔「それぐらい超盛り上がったってことだよね」

相「はい楽しかったっす」

翔「まぁ札幌も二日目になってね」

大「そうですね~」

翔「二日目になったら最終日になるわけ札幌のね」

ニ「そうですね」

翔「昨日みんなでご飯行ったよね」

ニ「行ったね」

翔「あのね~、なんていうのかな~、もうそろそろお寿司とか」

松「もうそろそろなの?」

翔「まぁね、カウンター囲んでね?これ5人がさ~、まとまるわけにはいかないじゃない?スタッフの方とかもいるからさ、なんとなく席広がるわけですよ」

ニ「3・2だよね?」

翔「二宮櫻井松本とスタッフ挟んで大野相葉さんなんですよ」

相「はい」

ニ「よく綺麗にドラマ班とバラエティ班に分かれましたよね」

ウケる!!

絶妙な表現ですな~ニノは。

相「偶然でしょ偶然」

ニ「バラエティ班楽しそうでしたね!」

相「笑」

翔「僕たちは~けっこうまぁほっこりとしたムードで話して、終わって、じゃあ席立ちますかそろそろ帰りますかってパッてこっち(バラエティ班)見たら、あっちの盛り上がりがね~」

ニ「そう」

翔「どういうトークテーマで繋いでたの?」

相「リーダー言っちゃいなよ」

大「えぇ~行けよ」

松「覚えてるんすか~?」

大「いや覚えてるよ全然」

翔「すげー楽しそうだったよね」

大「マネージャーたち」

相「マネージャー2人いましたね、振付の人とかね」

大「で、振付(←若干言えてない感がダダ漏れの発音)の人とか寿司とかにゃんにゃん(←”だんだん”って言いたかったんだと思います。ワタクシにはこう聞こえました)食えないって」

嵐「大野さん!」(これものっすごいタイミングが一緒!

翔「今酔っぱらってないっすよね?」

ウケる!!

確かにろれつが回っていないように聞こえてた!!

そしてみんなに大丈夫ですか?と訊かれる大野くん(笑

松「大野さん、歌ってるときはあんなにハッキリ歌うのにしゃべると途端にモゴモゴする・・・」

むぎゃ~っはっはっは~!!

大「あんまり見ないから~」

まだみんな笑ってるのに話を進める大野くんのマイペースさにキュン。

大「これは・・・」

ニ「滅多にない機会だと」

大「そう」

大野くんの言いたいことをすぐに察知してフォローするニノの素晴らしさをどう称えればいいのですか?

国民栄誉賞くらいあげないと割に合わないですか?

・・・はい冗談です。

大「だからとっといて、お母さんにあげたいんだと」

ニ「あぁ」

相「そうそうそう、それで?」

大「かたやこっちマネージャーは、けっこう呑める」

相「お酒好きでね!」

大「でずっと、間にふたりで飲めよ飲めよって言ってただけだね」

翔「あ、うそ!?なんかすごい・・・」

ニ「ね!」

相「テーマないけど楽しかったよ」

大「そうそう」

松「あとなんだっけ?甲羅酒?」

相「あぁ~」

ニ「カニのね」

松「カニみそ。これ甲羅に酒、ビール入れて飲んでみたり。それすげぇ盛り上がってた」

翔「盛り上がってた(笑)」

ニ「そうですねすげぇ盛り上がってましたね」

翔「2杯目ちょ~うめぇ!2杯目ちょ~うめぇ!つって」

松「だってぇ、おれパッて見たら2杯目のとき相葉くんがプリン食うみたいに」

酒なのにスプーンで飲んでいたんだとか。

翔「こっちはね、最近よくやるんすけど~。おれがなんていうのかなぁ?」

ニ「人生のね、先輩?」

翔「キャラクターで遊んでたの。2人で。よくいる自分の話をする若干めんどくさい人っていう設定がお気に入りなの」

ニ「そう、おれはその人を心から崇拝してるっていうキャラクター」

翔「なんだろうな、しゃべり方でさ、『いやおれってさ、お寿司屋さんとか、あ~・・・シャリとか食べないみたいな、ところがあるじゃん?』」

ニ「『すげぇ、そーっすよね』」

いきなり前触れもなく始まった再現にザワつく会場(笑

ニ「『一回や二回じゃできないっすよね!おれは恥ずかしくてできないっす』」

翔「『でも一回目からやっちゃう自分が素敵みたいなとこおれあるじゃん?』」

ニ「『ありますね~』」

翔「『だから~慣れてくると君も二回目からいけるんじゃないかなとは思うよ』」

ニ「『いやでも~5回目なんすよ』」

翔「『あ5回目なの?(汗)』」

ニ「『そうなんすよね』」

翔「『あ~6回目からスキだと思える自分がいたりするじゃん?』」

ニ「あはははは!!」

翔「みたいなことやってたの!どうでもいい話ほんとに!」

ニ「ほんとにずっとこれ」

翔「したら、迷っていた松潤がぁ、(声のトーンを落として)『ねぇ、翔くんて、いっつもそんな飲み方してるの?』」

ウケる!!

松「最近みんなで行ったの久しぶりだったじゃん!」

ニ「そうだね!」

松「メンバーとも、リーダーとニノとは行ったけど、最近酒飲むとこんなにめんどくさかったんだって」

翔「はははは!!」

松「やべぇヤなひとの隣座っちゃった~って」

そんなの本心じゃないくせに~♪

翔くんの新しいイチメンが見れて良かったね!!

翔「はっはっは♪ガチのパターンてことでしょ?」

松「そう」

翔「そうず~っと1時間ちょっとくらいそのキャラクターのまま突き進んだんだよね」

ニ「けっこう長かったよね」

翔「うん。やっと松潤のツッコミが入ってやめようと思った」

松「やでもほんと久しぶりで楽しかったな~」

相「そういえばさぁ~ちょっと前ワクワク学校やったじゃないすか」

嵐「うん」

相「北海道にロケ来たんすよ」

翔「あぁ」

ニ「潤くんも行ってない?」

松「おれこないだ行ってたよ美瑛」

翔「あそうなんだ」

松「あのメッセージフロームジャパンの」

翔「あぁあぁ」

松「にゃ~」

この「にゃ~」声ものっすごいカワゆかったっす!!

相「来ました、にゃ~。やってました。おれね!帯広に来たんすよ。帯広の牧場」

松「十勝帯広帯広十勝どっちだ?って」

相「そう!それが訊きたかったの」

翔「訊いてみたら?」

相「帯広十勝なのか、北海道帯広十勝なのか、北海道十勝帯広なのか」

ニ「帯広十勝じゃないの?」

やっぱり道民じゃないとわかんないもんなんですね~。

相「え?」

翔「訊いてみたら?は~いって」

松「じゃAパターンとBパターンで拍手してもらって」

ニ「帯広十勝なのか」

相「じゃ帯広十勝だと思う人!」

拍手パラパラ

相「十勝帯広!」

拍手たくさん

相「こんなにたくさんいてさ、ちょっとは間違うんだね」

松「北海道じゃない人がいるんじゃない?」

相「はははは!」

松「北海道じゃない人が私も参加したい!って気持ちで叩いたんじゃない?」

相「そっか!すごい」

ニ「全員北海道じゃないでしょ」

相「そうだよねそりゃそうですよね」

ニ「結果は?」

相「・・・・・・・十勝帯広」

ニ「ギリギリだな!!」

相「あぶないあぶない3秒で忘れるところだった」

ニ「あぶね~な」

翔「その時はゆっくりできたの?」

相「してないっすね1泊してないっす」

ニ「何空港ですか?」

相「・・・・」

松「覚えてるでしょ?」

相「えっとね、アレですよ・・・と~ま~こ・・・?」

会場「え~っ!?」

苫小牧(とまこまい)と間違えてる!?

でもなんでそれが出てきたの!?

相「じゃな~くて♪」

カワゆいわ~♪

ニ「苫小牧」

嵐「じゃなくて!!」

松「思いだして思いだして」

翔「ドットコムして。ドットコムしてぇ~?」

相葉ちゃん、志村ZOOよろしく右人差し指を頭にツンツンツンツンツン!

相「雅紀ドットコ~ム!」

会場「きゃ~!!」

相「すいませんでした!」

ニ「おいお父さん怒ってるぞ、はやくしろって」

相「アレでしょ!?帯広空港!」

会場拍手♪

相「ありがとうございます!」

翔「相葉さん、ひとことあの、若干の帯広の長い尺のくだりあやまってください」

相「はいわかりました。すいません、僕の帯広話に時間を割いちゃってすいませんでした!(ペコリ)」

翔「アハハハ♪」

そして花道を歩いて、メインステに歩きだす嵐さん。

翔「「じゃなくて」よろしくお願いしますねって」

相「あ、「じゃなくて」もすいませんでした」

翔「!?すいませんでしたじゃねぇだろ!(笑)」

たぶんアルバムの「じゃなくて」もよろしくおねがいしますって意味で翔くんは言ったのかも?

相「あれやる!?・・・古今東西」

ニ「やだも~」

松「なんで古今東西なの?」

翔「この人すげ~スキなの。こないだね2人でロケ行った時もずっとやってたんだよね」

と、相葉ちゃんの方に手を置きながら話す翔くん♪

相「やってたね。古今東西北海道っぽいもの!シリーズで」

松「ちょっと待ってください?」

嵐さんからSTOPがかかります(笑

相「北海道っぽいもの」

翔「じゃあ、じゃあいいよ。やろうか?3人・・・」

でも結局2人でやることになったアイサク。

その間に他3人はお色直しに消えました。

相「じゃ翔!」

翔「やろうぜやろうぜ!」

相「じゃおれから行くわ」

翔「いやおれからもやりてぇからジャンケンで決めようぜ!」

相「あぁオッケ!先にどうぞ」

相「クゥ~~ッ!」

翔「どっちにしようかなぁ~!?じゃ先行いかせていただきます。北海道っぽいものですね?」

相「オッケ!古今東西!」

2人「いえ~♪」

相「嵐のライブ!」

2人「いえ~♪」

相「北海道っぽいもの!」

2人「いえ~♪」

この古今東西の間、アイサクは広いメインステ真ん中に、こぢんまりと向かい合い、次言う人に向かって「どうぞ」ってな感じで手のひらを差し出してました♪

なんともシュールな画♪

翔「はいはい。お寿司」

相「はいはい。鮭!」

翔「はいはい。カニ!」

相「はいはい。ウニ!」

翔「はいはい。イクラ!」

相「はいはい。GLAY!」

相「はいはい!」

翔くん&会場「!?」

翔「GLAY!?」

ニ「それさぁ~北海道のものじゃん?北海道っぽいものじゃないでしょ」

2人「あ~・・・」

相「そういうこと・・・」

言いだしっぺ!!(笑

相「ちっくしょ!」

そして再開。

相「はいはい」

翔「・・・おれ!?」

相「フフフ♪はいはい♪」

翔「じゃがいも!」

相「はいはい!にんじん!」

翔「はいはい!優しい時間!」

相「はいはい!鈴木宗男!」

むぎゃ~っはっはっは~~!!

ちょっとここ「おお~!」ってなって翔くんも楽しくなっちゃったみたいで、

翔「まぁつやまちはるぅ~♪」

会場「おお~!」

ニ「もううるさい!」

やっと3人が登場。

ガチャガチャした服だったな~。

普通の生地にいろんなロゴや何かをゴチャゴチャくっつけてるって感じで、何色のとは言い難い衣装でしたね。

でもなんだか20代前半の雰囲気。

っていうのも、Tシャツ、ジーンズ、チェックのシャツ的な感じだったような?

バンドやってそうな感じでした。

相「松山千春言われちゃもうダメだ。もう出ないよ」

ニ「じゃもういいよ」

相「ありがとうございました。すいませんでした!」

そして松づんがソロでもスベってきたスベリ台に座る大宮と松づん。

位置的には向かって左にニノ、ちょい真ん中の下あたりに松づん、ニノと対照的に右に大野くん。

ほんでもって大宮は体育座りなんですが、松づんは土手にいるかのように寝そべっているスタイル。

ニ「まぁ、座りながら申し訳ないなと思うんですけど、大野くん」

大「はい」

ニ「映画、出るんだよね?」

大「あぁ、もう知ってられる・・・やります。僕の、誕生日に公開になったんだぁ」

上を見上げながら笑顔でキュ~トな大野くん。

松「智の誕生日かぁ~。11月26日かぁ~。いい日だなぁ~」

ニ「なんていう映画なんだ?」

大「言っちゃう?」

ニ「言っちゃおうよ」

大「実は・・・怪物くんていうんだよ」

会場「笑」

松「翔!こっちだよ!はやく来いよ!」

松づんが「翔」ですよ!?

初めて生で聞きました!!

コレいつの間にか青春ドラマちっくになっている嵐さん。

みんな呼び捨て♪

着替えを終えたアイサクが戻ってきます。

翔「わりぃお待たせ~。先生に呼び出しくらっちゃってさ~」

ニ「あやまったのかぁ~?」

翔「あやまんねぇよだっておれ悪くねぇもん」

ニ「そうだよな!」

大「ははは!」

ニ「雅紀!」

相「おうよ!」

ちょっと息を切らしている相葉ちゃん。

ニ「雅紀どうした?」

会場「笑」

息を切らす相葉ちゃん。

ニ「今智の映画の話してんだよ」

相「智いつからだっけ?」

大「おれの誕生日だぁ」

相「・・・いつなんだ?智。フフフフ♪智わかってるよ、嵐だもんな。そっかぁ楽しみにしてるよ」

大「みんな見に来てくれよ!」

相「オーケイ」

ニ「行くぜ」

松「行くぜ行くぜ~い♪」

相「智3Dらしいな」

大「そうなんだよすげぇ飛び出るらしいぜ」

相「マジか!・・・はぁ」

大「すげぇ疲れてるな!」

ウケる!!

松「なんでそんな疲れてるんだよ」

相「走ってきたんだよ、おれ追っかけられちゃってさ先輩に!」

ニ「お前いっつも追いかけられてんなぁ」

ウケる!

いつもかい!!

きっと美男子すぎてそれが気に食わなくって追っかけちゃうんでしょうね♪つって♪

翔「雅紀もやるんだろ?」

相「雅紀なぁ~、ナレーションてヤツやるんだ初めての」

ニ「おおすげぇな」

相「映画のな、映画の・・・日本列島なんとか・・・ありがとうございます」

翔「はははっ♪」

松「なんに対しての?」

ニ「なんなの今のはっきりさせてぇ!怖いな!なんか聞こえたのか?」

相「日本列島ってヤツ」

ニ「日本列島ってヤツか」

相「そう」

ニ「いつよ?」

相「来年」

ニ「来年かぁ~」

大「いえ~」

相「いえ~!」

ニ「・・・翔!」

ニノの「翔」呼びにキュ~ン!!

翔「なんだよ」

ニ「翔もやるんだろ?映画」

翔「やるよ!」

ニ「言えよやるんだったら」

翔くんずっと腰に手をあててニノの方を見てます。

このトークの時の立ち位置としては、大野くんの下に翔くん、ニノの下に相葉ちゃんがおります。

翔「来月末やるよ!」

ニ「来月のいつだよ!?」

翔「・・・27日だからぜひ劇場に足を運んでもらいてぇんだよ」

むぎゃ~っはっはっは~~!!

丁寧なのか乱暴なのかゴチャまぜ状態!!

ニ「それなら言えよ。だから先生に呼ばれるんだよ」

翔「まぁ、神様のカルテていうのがやるから、ぜひ、大きなスクリーンでご覧いただきたいんだよ」

むぎゃ~っはっはっは~!!

相「そんなんじゃ誰も来てくれねぇぞ!」

松「翔いつもみたいに、でっかい声で夢叫べよ」

翔「!?」

相「将来どうしてぇんだよ」

ニ「そうだよ」

翔くんに松づんから白羽の矢が・・・(笑

そして戸惑いながらも会場に向かって息を吸う翔くん・・・すると・・・

ニ「翔」

翔「!?」

翔くん、止まってニノを見ちゃいます♪

ニ「言おうとしてるところ申し訳ないんだけど、マイク使うなよ」

会場「おお~~~っ!!」&拍手!!

そしてマイクを置き、息を吸いまくる翔くん。

そして腰から少し上半身を曲げながら・・・

翔「腹いっぱい!!オムライスたべた~~~い!!!」

やっさいもっさ~~~い!!!

生声です!

アホみたいなカワゆい翔くんの夢が聞けちゃいましたよ~♪

アンドロイドでも「何食べる?」ってニノに聞かれて「オムライス」言うてるしな!!

目をつむって大きく口を開けながら叫ぶ翔くん、どえらいキュ~トでございやした・・・♪

上のほ~~!まで聞こえたかな!?

実はこの日の帰り、オムライス屋さん混んでました(笑

そのお店はいつもだけど、やっぱり混んでました。

ニ「でかい夢だな」

松「いい~夢だなぁ~おれも腹いっぱい食いてぇ」

大「腹いっぱいオムライスかぁ~」

ニ「夢だなぁ~」

松「ビッグになったらおれにもおごってくれよ」

翔「いいよ~オムライスだけだぞ~」

松「おい」

ウケる!!

ケチくさっ!

翔「じゃあ、もうそろそろ次行かないと詰まってくるからさぁ。最後に智から夢を。(会場「え~っ!!」)あっ、でもあれかぁ、潤の舞台もあるんだな」

松「そう、おれ10月から入るんだ」

そう言いながらなぜか寝そべったままスベリ台の上で体を180度回転し始めた松づん。

逆さまになっちゃいます。

なんってやることがカワゆいのか!

嵐「どうした潤!?」

松「おれ10月から舞台やるんだぁーーっ!!!」

ニ「フフフフ♪潤、タイトル言わないと誰もこないよ」

松「『あゝ、荒野』って舞台やるんだおれ」

ニ「おお」

翔「噂によるとボクサー役らしいじゃないか」

松「そうなんだよボクサーになるんだ」

翔「すごいよな」

大「けっこう久々だね、舞台」

大野くん、久しぶりにまともに声が聞けました(笑

松「舞台5年ぶりだよ!」

翔「ね、楽しみだな~雅紀!」

相「なぁ!観に行こうな!」

嵐「観に行こうな!」

翔「頑張ろうな!」

相「頑張ろうぜ!」

松「おれらも頑張るんすか」

翔「あぁ、じゃあ」

相「よし」

翔「コンサートやろうか」

戻った!(笑

松「じゃあキャラ戻そうぜ」

翔「さぁというわけで」

完全に戻った!(爆笑

相「いくよ♪」

ニ「後半戦だよ♪」

松「相葉くん」

相「オーケー、行こうか!みなさん!後半戦行きます!いいですか?準備はいいですか!?行くぞ~っ!行くぞ~っ!!『虹のカケラ~no,rain no,rainbow~』!」




そして後半戦へ。






続く・・・。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

youri

Author:youri
趣味:木更津キャッツアイとジャニーズアイドルグループの嵐さんを愛で倒してデヘデヘすること

俳優、綾野剛くんにキュンキュンしてます。

ぜひ年齢性別関係なく仲良くしてください♪

リンクやコメント大歓迎!

天性のファニーフェイスな翔くんに、常にやっさいもっさいしてます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの輪
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。