スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SexyでHoneyでBunnyなコンサート②

あらっ!

嵐さんが来週ZIPに毎日ご出演ですって!?

ローカルでバッサリされないように願ってます・・・。

昨日のZEROの翔くん、途中から見たんですが全盲のサッカーを取材しておりました。

実際にアイマスクをしてサッカーしてみるおそるおそるな翔くんがめちゃくちゃカワゆい♪

目が見えないのに正確にドリブルしてシュートして全力で走る選手のみなさんに翔くんと一緒になって「すげぇ~!」って言っちゃいましたよ。

翔くんのサッカーしてる姿がカッコよすぎてクラックラ・・・♪

ZEROのロケや取材してる時の方がスタジオよりも髪形が抜群にキマッてるような気がするのはワタクシだけですか?

続きにV6兄さんのコンサート感想です。

どうも!youriです。

V6兄さんのセクバニコンサートin札幌の感想続きです。

今回はMC編。



~MC~

井「楽しんでますか~!?楽しんでますか~!?V6が札幌に帰ってきたぞ~~いっ!改めましてV6ですどうも~っ!」

V「こんばんは~っ!」

井「着席していただいて。いや~いいね!」

長「いいですね~」

井「熱気がビンビン伝わってきますよ!暑いね!大丈夫ですか?汗かいてもいいですか~!?」

客席「だいじょぶ~!!」

井「2階も暑くない?大丈夫~?」

2階席「だいじょぶ~!!」

井「暑いの上行っちゃうからさ。トーク行きたいと思います。前回はこういうステージじゃなかったんです。今回はセンターにステージを置きまして」

長「久しぶりですね」

井「10年前とかはこういうスタイルでやってましたね」

V「ね~」

長「どこ見てもファンの子がいるっていうね。360度」

井「そうなんですよ。どっからでもケツが見えるっていうね。ケツも込みで愛してほしい」

ウケる!

ちなみにワタクシの席からは岡田くんのお尻が世界まる見え♪

井「どうですか?初めて来た方いますか?」

けっこう手が上がる。

V「多いな~」

井「うれしいね!ここにきて!」

長「ここにきて!」

井「16年目にして!」

長「なんで来てくれたんだろう?」

三「なんでそういうこというの!」

井「初めて来てくれたのはうれしいですよね!毎回来てるよって子います!?」

たくさんの「は~い!!!」

井「常連だ常連」

三「ありがとうございま~す」

井「初めての人はやく常連になって♪」

ウケる!!

アタイはもう常連になってるよ~~!!

毎年行こうって去年心に決めましたもん♪

井「今回センターステージにしたのも挑戦でもあって。曲っていっぱいやるために短く歌ったりしましたけど。今日はフルサイズでね」

だから長く感じたのか~とそこでちょっとうれしくなりました。

井「ちゃんとリハも歌ってるんです。みなさんにちゃんと伝えたいと思って。違うスタイルですけど最後までよろしくお願いします!」

V「よろしくお願いしま~す」

井「360度でトークするのも新鮮だよね!」

長「そうなんだよね」

井「だから後ろ向いちゃうとこっちのお客さんは見えないんだけど、こっちのお客さんはずっと見える。自由だよね!基本(メンバーの)目を見ないと会話ができないから~こういう感じで(向かい合って)トークして。みんなの気持ちも考えて、「ねっ!」(後ろのファンの方に振りかえる井ノ原くん)」

ウケる!

長「たまに振るっていう」

V「あぁ~なるほどね」

井「語尾だけ後ろむいて。「だろっ?」って」

優しいな~。

井「今日はトークテーマこちらです」

『写真』

おお~。

井「写真で何しゃべれって感じですよね~」

三「写真」

井「初めて6人で写真撮った時覚えてます?」

坂「初めて!?・・・初めて?」

三「明星とかじゃない?」

井「あぁ~」

長「表紙とか?」

井「明星がまだ漢字だったころだな」

ウケる!

三「そうだね」

井「初めて?あっ!記者会見だよ」

三「そうだ!お披露目の日だ」

井「岡田覚えてる?」

岡「いや11月がデビューだからぁ。その前にも取材とか」

長「受けてたんだ」

岡「受けてた」

長「そうだね」

井「9月かなんかにデビューってことで、記者会見ね、デビューみたいなのやってんのね」

三「風船で出てくるヤツでしょ?」

井「そうそうそう!」

三「風船に押し込められてさ」

井「コレぐらいだよ?(まるでバイクのヘルメット大)こん中グワ~ッと入って。でこうやって出てくる(ポーズを取る)」

ウケる!

グリコみたい!

?「わっかんねぇって!」

井「わかんねぇか!その時に、写真撮って」

長「それが初めて」

井「たぶん勢揃い」

三「そっか~」

井「記者会見で急に「V6のポーズみたいなのありますか?」って」

森「へ~」

井「ないっすねって。そしたら聞いてきた人が「じゃ”V6”!ってコレで行きましょうよ」って」

ダッ・・・!!(爆笑

「V」でピースを作った状態で相手に手の甲を向け、「6」で内側に手をその形のまま横に倒すというなんともシンプルかつ地味~なポーズでお腹痛い・・・。

井「V6です!って。ありえないっすよって」

岡「そこからきてんの?イノッチがさぁ、他のアーティストのみなさんに会うとさぁ~フリつけるじゃん。わざわざ」

V「えぇ~!?何それ」

井「そうだね」

岡「この前2PMに会った時に」

井「あははははは♪」

岡「急にあれやったでしょ?どうやってやったんだっけ?」

無言でジェスチャーする井ノ原くん。

めっちゃウケる!

長「人文字みたい♪」

三「ゆっくりやって」

もう一回メンバーの声に合わせてやってみる井ノ原くん。

V「トゥ~?ピィ~?エム」

でも何気にカッコよかったのが不思議。

特に「P」までの流れが!

三「人文字って面白いね。バックでやってた時さ。”S・M・A・P!”ってさ」

おお~~っ!!

SMAP兄さん!!

V「あはは♪」

井「写真の話はど、どうする?」

忘れてた!

岡「写真て、ね?」

坂「なんでおれ見てんの?」

ウフフ♪

岡田くんの右隣は坂本くんなのでした。

言われて顔がゆるむ岡田くんにデヘ~♪

ものっすごいカワゆい!

井「でも撮られる仕事じゃない?写真って。で、岡田とか趣味で撮ったりね」

岡「撮る撮る」

CMまで出ちゃってますもんね。

岡「メンバー撮るとね、変な顔ばっかするから~」

井「恥ずかしいんだよね」

長「恥ずかしいよ」

岡「撮らしてくんない?ちゃんと」

井「え~!?」

長「ちゃんと?」

三「おれたちのカッコイイところ撮ってるからマズイんだって。だよね?」

岡「いやいやいやいや(笑)ナチュラルなのが撮りたいの」

井「プロのカメラマンさんがやってくださいって言ってもやんない顔を岡田には見せてんだおれは」

三「そうだよ。おれたちのリアルを」

井「そうだよ。やんない!」

岡「ちょっ・・・(笑)」

井「プロのカメラマンにする顔も絶対やんない!」

ウケる!

「やんない!」の顔が・・・!

井「だってめんどくさいじゃん。「笑って!」とかさ「good!」とか言われてもさ」

岡「やんないよ!」

そんなバカな!(笑

井「「ツンとして」とかさ」

岡「もうちょっとさ、アゲたらやってくれんの?」

井「あげたら?あげたら?お金?」

むぎゃ~っはっはっは~~!!

岡「テンションさ、アゲて撮る人おるやん?」

むっはぁ~!!

岡田くんの関西弁いただきやした!

テンションアガる♪

岡「「オッケオッケ~イ♪」みたいなさ。「ザッツグーザッツグ~!!(テンション高め!)」ってさ」

あぁ~楽しい(笑い疲れ

井「「ザッツグー」は本名知らないけどいた。ザッツグーって呼んだんだよな」

坂「そういうカメラマンさんいたの?」

井「盛り上げる人」

?「誰?ザッツグーって」

岡「上半身裸になって」

三「短パンでハダシなの」

岡「こうザッツグー(笑)」

岡田くんがザッツグーの動きをしました!!

肩幅に足を開いてつま先立ち!!

ウケる!

エガちゃんみたい。

三「興奮してくると、爪先立ちになるの。ザッツグー!ザッツグー!って」

一緒にやる三宅くん(笑

岡「(客席に向かって)そういう人ね!ほんとにいるんだよ!みんなね、冗談でコントとかやって嘘だろって思うかもしんないけど。ほんとにいる」

三「「イッツソーキュー!」」

あはははは♪

井「あとスタイリストさんもね「あっちょっとすいません!」つって。パンツ直すけど、全然直ってない」

ウケる!

そんなコント、確かぐっさんが昔やってたな~。

ほんとにいるんですね。

井「今何直したんだよ!?って」

三「ズボンの裾直す時すごい直す人」

と言って、三宅くんが井ノ原くんのズボンを直してみせます。

井「あぁ~もううざったい!」

井ノ原くんが足を振り払います。

ウケる!!

三「グシュグシュ!グッグッ!グシュグシュ!グッグッ!ってやるの」

井「いるよね!」

三「いるよね!」

井「芸能界いっぱいいるんすよね」

坂「おれ聞きたいのが、この中で篠山紀信さんに撮ってもらった人」

三「岡田だ」

井「おれもあるよ」

三「うそ!」

井「うん」

三「いついつ?」

井「普通に、トークしてる間にス~ッて。岡田もどういう感じなの?」

岡「フッ(笑)おれ何回かあるけど~・・・一回くらいいつの間にか上脱がされてたね~」

なんですとぉ~~っ!!?

?「マジで!?」

?「え~っ!?」

三・井・長「話術で!?」

ひとりひとり順番に「話術で!?」って言う3人がカワゆすぎた・・・。

井「・・・技で!?」

ちょっ・・・!

あらぬ妄想がかきたてられるからそういうこと言わんといて井ノ原くん!!

岡「技じゃない(笑)」

三「どういう感じで言われたの?」

岡「・・・どんな感じ(笑)」

思い出してはいるけど言えないほどの話術だったのか?

それとも照れているのか?

岡田くんがほとんど目を合わせずに、下を向いて、メンバーの方ではなく、体ごとお客さんの方に向けて、長野くんソロのときに落ちてきた花弁を足でいじり倒しているその姿がめちゃくちゃキュ~トでカワゆくってキュンキュンでどうしましょ!?

三「篠山紀信さんやってみてよ」

岡「おれ!?・・・昔なんだったっけ。海辺で撮った写真」

井「海辺で!?」

脱がされた空気をビンビン感じたのはワタクシだけ!?

井ノ原くんが楽しそうだったな~。

岡「そんときね・・・フッ(笑)すっごい、その頃ねでもよく脱がされてたんだよね俺」

むぎゃ~~っ!!!

待て待て待て~~いっ!!

そこになおれっ!!

詳しく白状せいっ!!

岡「一時期やたら脱がされてた時期があって」

井「あぁあぁあぁ」

岡「なんか・・・」

井「脱いじゃう瞬間って脱ぐつもりないんでしょ?」

岡「この撮影脱ぎますよってヤツじゃないときとかあって、脱ぎますよって脱ぐときもあるんだけど。撮りながら、こう・・・「暑いね」って「暑いからちょっと一枚」・・・」

V「あっはっはっは♪」

ウケる!!

そういうことか!!

井「北風と太陽的な!?」

うまい!

三「懐かしい!」

岡「で、ベストとか脱がされて、この(笑)脱がされて、スポッて」

「うえ~い♪」って井ノ原くんが楽しそうだったな~。

三「ひとりだけじゃない?ヌードになったじゃない」

ってan・anのお話になりまして。

三「ケツ、プリケツ出してたじゃない」

井「ツーケーリープーの(笑)それどういう気持ちなの?アレは」

これを問いただされている岡田くん、無言のままさっきよりもさらにかたくなにステージ上の花びらを足でいじり続けます。

メンバーに背中を向けて。

やっとしゃべった言葉もしどろもどろで何言ってるかわかんなっ!!

やっさいもっさ~~い!!

もうもうもうもう~~っ!!!

カワゆいんだこのやろ~~っ!!

岡田准一、今年31歳。

奇跡の美しさとキュ~トさが入り混じった瞬間を見た気がしましたよ。

井「話聞かれた時はどういうふうにすんの?」

岡「悩んでてぇ~」

井「悩んでた」

岡「あの時はさ、なんだろ、東京タワーとかいろいろやってた」

井・客「あ~~」

岡「時期だったから」

井「うん」

岡「・・・」

沈黙。

岡「そういうことがあって(笑)」

井「悩んでたし」

岡「口説かれて」

篠山さんに!?(笑

井「若い、裸体を」

エロいオッサンと化してしまいそうな発言を井ノ原くんはバンバン繰り出しますよね!(悦

坂「若い裸体(笑)」

坂本くん、井ノ原くんのこの発言がやたらツボにはいってしまったらしいです(笑

三「今しかない自分を」

岡「あれね、相当エロい前バリ着けるんすよ」

前バリとは!?

初めて聞きましたけども、ヌードってことで「前」ってことは、アソコにしか着けないですよね~♪(ド変態なんです

三「エロいってどういうこと?」

三宅くん察して~~!!!(大爆笑

でもそこは詳しく聞きたい!!(ド変態なんです

岡「言えないって!(笑)」

井「じゃ言うなよお前!」

むぎゃ~っはっはっは~~!!

岡「札幌でなんの話をしてんの!?」

楽しければなんでもOKなのにぃ~♪

三「動物の角?」

岡「みたいなヤツ」

きゃ~~!!

長「民族的な?」

岡「おれ二十何歳くらいかな~?見たことないパンツ」

井「おお!!」(声デカい

三「パンツ?」

岡「パンツがあんの」

三「前専用の?」

井「ほとんど糸みたいなヤツでしょ」

それ意味あるの!?

むしろ井ノ原くんは一体どんなパンツを見てきたの!(笑

三「前バリっていうのを見た事ないからさ」

岡「・・・子供もいるからねぇ」

むぎゃ~っはっはっは~~!!

井「剛見た事ある?」

森「はいはいはい」

岡「いっつも履いてんでしょ?だって」

森「なんで」

井「タンクトップかと思ったらパンツのヒモだったって」

長「変態仮面だ」

三「変態仮面じゃないよ」

井「痴漢だ(笑)こういう話になると止まらないから~違う話していい?」

V「うん」

井「なんでこういう話に」

坂「お前(井ノ原)がしてんじゃねぇかよ!」

井「違う違う!言いだしたの坂本くんだよね!?」

坂「違う紀信さんはどうなの?から前バリになったんだ」

森「やめろよ」

三「やめようよこんなエロトークとかぁ」

井「そうだよ~すぐそっちいっちゃうからぁ~。ひとつ言っていい?パンフレットありますけど。アメリカに撮りに行ったんですよ。プライベートでも撮ってるんですよ。それをちょっと見せようと思って」

井ノ原くんの撮った写真を見ることに。

モニターに映るは車の中の写真だったかな?

井「マネージャーに渡して撮って~って。岡田もさっき言ってたじゃん・・・ねぇ岡田くん」

岡「・・・」

井「岡田くん!」

岡「・・・」

井「岡田くん!?」

岡「イノッチ!?(笑)」

THE・自由人 岡田准一。

井「だからメンバー同士で撮るとふざけちゃうって」

岡「はいはい」

井「岡田を撮ろうと思ったの。まず健撮ったの」

そして三宅くんの写真がドドン!

井「自然な感じなの」

三「ありがとうございま~す」

井「次が」

岡田くんの写真がドドン!!

これがまぁ~おっとこまえにもほどがあるんですよ!

青空の下、映画のワンシーンみたい♪

腰より少し下くらいから上が映っていて、体は前に向いているのですが顔は横を向いているため、どこか遠くを見つめているような様子の岡田くんなんですの♪

会場が「おぉ~~っ♪」と色めき立ってましたね。

井ノ原くんが撮った何気ない写真でも美しさがなんら変わらない岡田くんに惚れ直しました。

まさに天性の美しさ。

井「岡田はこっち見ようとしないから~。シカトなんだよね。撮ってたら~性格分かれるんだわ。長野くんが、ちょっといいすか?」

長野くんの写真がドドン!!

って、えぇ~~っ!?

大爆笑!!

これは一体!?

なんのポーズなん(笑

岡「いっつもおれのカメラでもこういうことやるんすよ」

茶目っ気たっぷりなんですね長野くんって。

井「岡田の気持ちがわかった。思い出に残したいから、こういうのばっかじゃ困るの。普通にして!って言ってアップで撮ったんですけど」

またもや長野くんの写真がドドン!!

今度は右半分以上を横顔だけで独占しとった・・・。

その向こうにはピンボケしまくったベンチにピンボケしまくった人が座っていたんですが・・・これはのちほど。

普通にした結果がまさかこんなドアップだなんて。

井「やっぱねぇ~この人も普通なんですけどね」

長「撮るよって言われるともとめられてる気がするんですよ。なんかやっちゃう」

井「別にもとめてねぇから!次」

森田くんの写真がドドン!!

グリコの足上げてないver.的な、HG的な「フォーッ!!」って感じ。

V「ははは!!」

森「2丁目のゲイみたいな」

V「これいいね」

三「なにかを吸収してる感じだね」

岡「「いらっしゃ~い♪」つってる」

井「森田と長野くんとおれがそういうことしちゃう。分かれるんだよね。しょうがないの。生まれついたもんで」

長「サービス精神が」

井「小さい頃写真撮るでしょ?」

?「こぉれ・・・!?」

長「こんなゲイみたいな」

森「コラ!」

ウケる!

森「俺は違う!俺長野くんがぁ~年上だからぁ~・・・上下関係で」

むぎゃ~っはっはっは~~!!

?「絶対そんなの無い。あいつそんなの(笑)」

井「じゃ気ぃつかったの?」

森「つかったんすよ」

井「気ぃつかってこれか?」

あはははは♪

井「なるほどね~。ドラマとか出ててもなかなかこういう顔しないでしょ?メンバー同士の特権なんすよこれ」

長「そうですね~」

坂「井ノ原」

井「はい?」

坂「おれは?」

!!!!!

確かに坂本くん出てこないな~って思っていたんですよね~。

坂「おれのが出てないんだけど」

井「ごめん。気付いたんだけど、坂本くんの写真が一枚も無かった」

えぇ~~っ!!!

井・森「残念!」

岡「長野くんのさぁ~さっき奥にいなかった?」

岡田くんのひとことでさきほどの横顔ドアップの写真にもどることに。

長「これリーダーじゃない?これ」

そうです。

ベンチで体育座りしている人です。

どれだけアップにしてもピンボケしたまんまなんですが(笑

岡田くんはリーダーのことを見すぎ(笑

長「ちょっとおれの写真に入ってこないでよ!」

岡「あれリーダーでしょ?」

井「これリーダーだよね?」

坂「これおれだわ」

井「やった一枚残ってた!これもね、おれらにしか見せない姿でね」

ンフフ♪

三「カッコがちょっと孤独だもん」

井「孤独だよね」

三「孤独だよ」

井「膝を抱えてね~」

長「けっこう撮ってるんだね」

井「みんなもあるでしょ?」

V「あるある」

井「長野くんはぁ~ほとんど食べ物だから~」

三「食べ物ばっか撮ってる」

長「メンバーの写真もあったんだけど~食べてるところ撮ってたからね」

井「前HEY!×3にほっしゃん。が出た日で、うどんを鼻に入れて口から出すっていうのを撮ろうよって。おれと長野くんとほっしゃん。で写真撮ったの。それ長野くんのカメラだったの。一枚ほしいからパソコンに入れていい?って。そしたらほっしゃん。の写真が欲しいのにさ、食べもんが300枚くらい入ってきて」

ウケる!!

井「最後にほっしゃん。なの!他いらねぇよって。おれ食ったわけじゃねぇし。ほっとんど食事ですよ」

長「勝手に入っちゃうんだよね。止まんない」

井「開けても開けても食べもんなの」

長「本当~たぶん今年入って1800枚くらい撮ってるんですよ。その中で人が写ってるの50枚くらい」

少なっ!

三「長野くんと同じテーブルで食べると絶対にすぐ手はつけちゃいけない。長野さんが写真撮るから。つけようと思ったら「パチ~ン!」って」

と、自ら手を叩かれるジェスチャーをする三宅くん。

井「パチーンってされたの!?」

三「されたことない」

むぎゃ~っはっはっは~~~!!

井「話盛るな!!」

また長野くんもまったく何も言わないんですよね~。

お母さんみたいな空気を感じましたよ♪

仲がいいですな~。

長「でも気つかって「あぁごめん撮って撮って」って言ってくれるんですよ」

三「長野くんが待ち構えてるからさ」

井「剛は長野くんの写真撮ってるとこ見たことある?」

森「ありますよ」

井「どうだった?」

森「・・・正直僕はちょっとイラッと」

ウケる!

井「イラッとされてんじゃん!」

長「そういうのわかるから「撮ったの?」っていうくらい素早さで撮るんすよ」

井「はははは!!」

森「なんでそんな早いの!」

三「早いんだよほんとに!サササって。「長野くん撮った?」「もう撮りました」いつの間にか撮ってる」

井「ラーメンとか1秒が大事って」

長「のりとか沈んでっちゃうじゃない」

えぇ~~っ!!!

長「沈む前に撮りたい」

森「うっぜ(笑)」

井「うぜぇって言われてますよ!」

三「でもまた行こうよ」

井「コースとかさ、来たらその分撮るでしょ!?」

三「けっこう細かくキザんでくと思いますよ」

井「マジで!?」

三「たぶん」

井「マジっすか長野さん」

長「迷惑かけないようにします」

井「早技でお願いしますよ~」

長「はい」

井「長野さん食べ物関係の番組によく出てますね」

長「おかげさまで。どや顔サミットによく呼んでいただいて」

井「どや顔サミットが長野くんを気に入ってる(笑)長野くんの番組として一時間カウントされてるんだよ。それがうれしいんですよ~。どれくらい行くの?お店」

長「お店は1年でピークの時は、Vシュランを抜いて、リピートを抜いて、プライベートで行ってるのが年間新規で700件」

すごっ!!

井「わけわかんない!」

長「Vシュラン・リピート入れたら850件くらい」

井「365日でしょ?岡田さんどうですか?この数字は」

岡「よく太んないね」

確かに~!

三「そうだね。気を付けてるもん。長野くん次のメニューが出てくる間にちょこっと腹筋とかしてる」

岡「あと飲み物にレモン混ぜたりとか」

長「あぁやってるやってる」

井「長野くん食育もおさえてる」

長「あぁ~炭酸の水飲んだりね」

井「そうそう」

長「乳酸を散らしてくれるらしいから」

へぇ~。

長「クエン酸と一緒に」

V「へぇ~」

長「そういうのちょこちょこやってんすよ。積み重ねがねいいんですよ」

井「あ~そうなんだ。肉食べる前は野菜食べたりね。野菜の方を先に吸収してくれるんだつって」

長「あさイチでやってましたね」

井「やってました!また番組出たりするんですよね」

長「30日に、どや顔スペシャルあります」

井「楽しみ、絶対みます」

長「ありがとうございます」

井「岡田くんもね」

岡「僕はあの~、コクリコ坂から公開、中かな?」

「中かな?」ってクエスチョンマーク付いとった(笑

岡「あと、最近映画撮ってて、来年公開になります。『天地明察』という映画」

井「来年ですか」

岡「はい来年です」

井「来年のいつ?」

岡「来年のね~ぇ、たぶん9月くらいになっちゃうかな」

井「じゃ一年後じゃん!」

岡「一年後です。今編集してるんで」

井「楽しみですね~」

岡「あと『SP革命篇』もDVD。よろしくお願いします」

井「リーダー最近なんかありました?」

坂「人間ドック行きました」

井「人間ドック!?」

むぎゃ~~~っ!!

一番びっくらこいた!!

岡「行った方がいいよ」

坂「みんなもそうだってぇ~(客席に向かって)」

あははは♪

井「ちなみにそれ日帰りで?」

坂「半日です」

井「半日ドックで。半日と一泊二日ありますもんね」

へぇ~。

これ初めて知りました。

坂「良好でした!」

井「なるほど!」

よかった~~!!

井「リーダー健康体だよね!めでたく40歳迎えて」

岡「40には見えないね」

V「見えない」

坂「40に見えないってよく言われるんですけど、剛がもう32歳ですよ?」

井「信じられない」

森「それ言うならコイツも32」

ウケる!

三宅くんもでした♪

みんなそんな歳には見えないですよ~!

カメラ目線でアイドルスマイルを繰り出す三宅くんがキュ~ト♪

井「平成生まれだろ!」

三「違うよ!昭和です。昭和の生き残りだよ」

井「見えないよね~」

三「そうなんです。ってごまかしてやってきてる」

井「ごまかしてんの?でもみんな若いって。見てても」

同窓会の話になり、

三「おれの友達の中学校のクリスマスパーティの時、おれと同い年のヤツハゲてたもん」

井「ははは!」

リアルだな~。

三「だからそうやって見るとみんな若いんだよ。でもまぁデビュー当時から見るとそれなりの~」

井「デビュー当時より若く見えるけどねぇ!」

えっ!

井「イッちゃってたからねぇあの時」

どういうこと!?(笑

井「時代がそんな感じだったんじゃない?よくわかんないことになってたもんみんな。19でデビューしたけど19に見えないもん」

三「みんな今の子に比べたら幼いもんね」

井「幼い!坂本くんだから~刈り上げとかにしたらもっと若く見えるから~」

長「ツーブロック!?」

V「いいね!」

坂「・・・いやおれ騙されない」

ウケる!

岡「いや似合うって!絶対似合うって!」

心なしか顔が笑っている岡田くんは坂本くんをいじるのがおスキなんですか?

みんなが勧めるけど・・・?

坂「絶対騙されない!」

V「似合うよ!」

坂「え?」

岡「絶対似合うよ!」

三「ほら笑ってるよ」

あはははは♪

岡田くん笑ってるのバレちゃいました。

岡「いやいやいや似合うと思うよ」

井「やってみなよ」

三「モヒカンとか」

井「坂本くんの短い髪あんま見た事ない」

三「短髪の坂本くんて無いね」

坂「うそ!?」

長「長いのが一番カワイイ」(←って言ってた気がする!!

井「やってみなよ」

坂「なに?短髪?」

井「うんうん」

岡「似合うってスタイルいいから」

井「そうそうそう」

坂「・・・どういう?」

岡田くんまたもや笑っちゃいます。

井「ちゃんと、ちゃんと言えって」

岡「スタイルいいから似合うって」

三「顔が小さくてさぁ」

岡「顔がちっちゃい」

三「バランスがいいから髪何したって似合うって」

井「だいじょぶ全然似合う。パンチでも(ボソッ)」

・・・・・。

坂「パンチ?」

三「だってほらお父さんも短髪だもん」

坂「お父さんってお父さんだけだよ短髪!」

井「・・・というわけでね!」

坂「おわりかお前!!」

むぎゃ~っはっはっは~~!!

井「剛くんもね、舞台」

森「そうです。また来年坊主です」

井「ね!やっと伸びてきたのに、ちょっと茶色くして」

この時の森田くん、キャップをツバ後ろ向きで被っていて、前髪がチョロッと顔を出していたんです。

三「ちょっと前髪が!」

森「切りすぎた!」

違うでしょ(爆笑

井「伸びるの早いよね」

森「早いんですよ。気付いたらなんかジャンジャン生えてきちゃって」

ウケる!

森「来年1月あの~金閣寺」

井「凱旋ですよね?」

森「はい」

井「ニューヨークからまたやるってことでね」

森「はい。観てください」

井「坊主にしたら~、大河ドラマやるじゃん?坊主でやるの?」

森「いや(笑)カツラ」

V「カツラでしょ」

井「カツラかぁ。被りやすいよね」

あははは♪

岡「あれだって長くして~、ひっかけんのない?」

森「いやあの~、巻いて、被る」

岡「あぁ~包帯(みたいな)」

森「・・・あれほんといやなんだよな(ボソッ)」

ウケる!

井「ヅラがやだ?」

三「なんで?」

井「アトピーになっちゃう?」

森「勝手に取ると怒るしさ~」

当たり前だよ!!

会場にいる誰もがそう思ったわ!!

三「すごい大事にしてんだよね、ヅラを。だから勝手に取ると怒られる」

森「勝手に取るなら言ってくださいよって。言っても怒るし」

長「どっちも怒られるんだ♪」

井「ね、ぜひ観たいと思います!」

森「はい!よろしくお願いします!」

井「健ちゃんも舞台あるんですよね!」

三「はい!ラブリーベイベーという、10月28日からグローブ座でやりますので。もうすぐです。ヤバイです」

井「ヤバイです!?おぉ~。台本見た?」

三「台本見ました。そろそろ稽古に入る感じです」

井「ラブリーベイベーって何?内容は?ソッチ系?」

やっぱり井ノ原くんは結局ソッチ系がおスキのようで(笑

顔がニヤニヤしてるんですよね~。

あぁ~面白い♪

三「そうです」

井「ソッチ系?」

三「ワケありな感じです」

井「マジで?ワケあり?」

三「ワケありな感じで」

井「チラシみたけど、もう裸体をね。それこそヌード。そういうチラシだったでしょ?」

三「はい、そうですね」

井「背中見せちゃってさぁ!」

三「そういえば坂本くんの、なんだっけ?『アリバイのない天使』?に菅原さんっていう人が出てます」

・・・・・。

坂「わかんねぇだろ!!」

三「舞台観に来た人が「あぁ~あの人か」って話になるかなぁ~と思ってさ」

井「あぁ~」

坂「携帯ゲームの、バトルロワイヤルってあるじゃないすか」

?「あぁ」

坂「髪の毛ツンツンした人」

?「「盗まれてる~!」って人?」

坂「そう」

バトルロワイヤルじゃなくて「怪盗ロワイヤル」じゃない?って、当時会場でたくさんの人がそう思ったと思われます(笑

バトルでも十分通じてました♪

坂「その人が健とも共演してる」

長「はは♪菅原さんの説明」

井「菅原さん、菅原さん頑張ってください!グローブ座でやるの?」

三「グローブ座で」

井「おれもね、『芝浦ブラウザー』って舞台のDVDが出るんですよ。あの~カミングセンチュリーのみなさん観に来て無いんで」

えぇ~っ!?

カミセン「うそだよ!」

三「行ったよ!アレでしょ?ロボットガシャンガシャンみたいなヤツ」

井「それ3年前のヤツ!」

三「あぁそれじゃないヤツね。気付いたら終わってたな~」

井「千秋楽終わって、楽屋に剛と健が「井ノ原くん舞台いつまで~?」って。終わったよお前ぇ!!」

むぎゃ~っはっはっは~~!!

井「終わったよっつったら「うそ!」「うそ!」って」

三「それが、舞台マジックってヤツだよな。いつの間にか終わってる」

井「なんのマジックもかけてねぇよ!忘れてただけだろ~。ぜひDVD出ますんで、差し上げます。」

三「はい」

井「差し上げても観ないと思いますけど。岡田さん最近全然観に来てくれませんけど?」

岡「観てますよねぇ?」

森「はい」

井「剛は来てる」

岡「おれ観たよ。東亜悲恋」(間違ってたらすみません!

V・会場「あはははは!!」

井「十年前だ!!十年前!!」

岡「あれ面白かったね~」

井「日韓ワールドカップの時!!そんな昔の話されても。びっくりした!・・・あぁ、6人の話もしないとね。あのね、シングル発売されたんですよ。まだ買ってない方は会場に売ってあります。会場で買うと特典が付いてくるってことで」

Bunny盤を三宅くん、Honey盤を岡田くん、通常盤を森田くんが特典の説明しておりました。

森田くんがまたウケる!!

森「え~これが通常盤の方に入ってるんですけど、唇ステッカー。これ、冷蔵庫に貼ってくださ~い」

そんな使い道!?(大爆笑

ちゃんとそのあとはメッセージ書いてってことを説明してましたよ♪

井「最後の横浜で(メッセージパネルを)みんなで写真撮ろうかって話してたら、最初の大阪で埋まっちゃって。毎回埋まっちゃうからね!うれしいね。ぜひとも貼っていただきたい!」

拍手!

井「さっきも言ったけど、パンフレットね。アメリカ行ったんだよね」

長「久しぶりでしたね6人で」

井「ビデオカメラを持って、撮り合いっこしたっていう。映像が『WALK』という曲中流れていたんですが、曲の中だと、何を話しているのかわからないので、じっくり映像を観ていただきたいと思います。それではどうぞ!」

照明が落ち、V6兄さんはハケます。




~VTR~

移動する車中。

テーブルにギターを持った井ノ原くん、となりに長野くん、井ノ原くんの向かいに岡田くんが座っております。

岡「ラスベガスをぶっ飛ばせ」

このタイトルで井ノ原くんが即興で歌を(笑

井「ラスベガスをぶっとばせ~♪」

ってひとしきり歌ったら「センキュー!」でシメ。

お店でお食事中のみなさん。

でも誰か足りない・・・。

三宅くんがお店の中でビデオをまわしてます。

三「見てくださいよ床。すげぇ~」

まるで銃撃戦でもあったかのような傷跡、西部劇のような場所だったのでリアルでしたわ~。

そしてお店の窓からなにやらもう一台のカメラが・・・。

井「ストーキングだストーキング」

ストーカーは岡田くんでした(笑

そして窓越しに撮り合う三宅くんと岡田くん。

かなり長い間窓一枚挟んでやってたもんだから井ノ原くんに「なんだこの関係性」って言われちゃってました。

そして屋根のあるトロッコ(?)のようなものに乗るV6兄さんのみなさん。

井ノ原くんが顔芸をしていて、目的地に到着。

井「顎出してる間に着いちゃったじゃねぇかよ~」

と言いながら下車。



そして後半へ。


下ネタトーク最高でしたわ~。

何より岡田くんのモジモジしてる姿が最高にキュ~トでそれだけでもデヘ~♪

前バリか・・・ひとつ賢くなりました(何のっていうツッコミはナシの方向で







続く・・・・・・。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

youri

Author:youri
趣味:木更津キャッツアイとジャニーズアイドルグループの嵐さんを愛で倒してデヘデヘすること

俳優、綾野剛くんにキュンキュンしてます。

ぜひ年齢性別関係なく仲良くしてください♪

リンクやコメント大歓迎!

天性のファニーフェイスな翔くんに、常にやっさいもっさいしてます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの輪
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。